キャデラック アランテ (1986-1993):ピニンファリーナのデザインによるコンバーチブル

キャデラック アランテ (1986-1993)

ゼネラルモーターズ(GM)は1986年、キャデラック・ブランドより2ドア・2シーター仕様の高級コンバーチブル「アランテ」を発売しました。イタリアのデザイン会社であるカロッツェリア・ピニンファリーナの手による端正なエクステリアが特徴で、当初用意されたデタッチャブル・ハードトップ仕様のほか、追ってソフトトップ仕様車もラインナップに加えられました。

FF方式を採用

キャデラック アランテ (1986-1993)

生産プロセスは、アメリカ国内のGMの工場で製造されたプラットフォームをイタリアのピニンファリーナ社に空輸し、ピニンファリーナ社がボディと内装を架装する方式が取られました。そのスタイリングは、いかにもピニンファリーナの作品らしい直線基調のプレーンなフォルムを備えていました。また、空力特性にも優れCd値は0.34を実現していました。

キャデラック アランテ (1986-1993)

ボディ・ディメンションは全長4,536mm×全幅1,864mm×全高1,321mm、ホイールベース2,525mmで、競合モデルであった「メルセデス・ベンツ・SL」と比較すると、よりワイドに設定された全幅をのぞき類似したディメンションでした。駆動方式はFRを採用するメルセデス・ベンツ・SLに対し、FFが採用されました。

キャデラック アランテ (1986-1993)

パワートレインは、当初4.1L V8OHV(最高出力172ps/最大トルク31.8kgm)と4速トルコン式ATの組み合わせが搭載されました。パフォーマンスは最高速度が192km/h、0-60mph加速タイムが9.3sでした。サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット式、リアがストラットHアーム式で、ステアリング形式はラック&ピニオン式でした。

キャデラック アランテ (1986-1993)

また、ブレーキはフロントがベンチレーテッド型、リアがソリッド型の4輪ディスク式が装備され、タイヤは前後ともにP225/55VR16サイズが装着されました。また、安全装備としてSRS運転席エアバッグシステムやABSなどが、快適・豪華装備としてレザー&パワーシートやクルーズコントロールなどが採用されました。

エンジンを強化

キャデラック アランテ (1986-1993)

その後1988年モデルから、それまでのデジタルメーターに加えアナログメーターの選択が可能になりました。次いで1989年モデルでは、エンジンが4.5L V8OHV(最高出力203ps/最大トルク37.3kgm)に置換されると同時に、速度感応型の可変ダンピングシステムやバリアブル・ステアリングが採用されました。

キャデラック アランテ (1986-1993)

続いて1990年モデルから廉価版となるソフトトップ仕様が追加されるとともに、トラクションコントロールが装備されました。次いで1991年モデルでインパネの意匠が変更され、1992年モデルではエンジンが4.6L V8DOHC(最高出力294ps)に置換され、パフォーマンスが最高速度233km/h・0-60mph加速6.7sまで向上しました。

そして1993年7月をもって生産を終了、同ブランドの2シーター・コンバーチブルは10年後の「XLR」のリリースまで途絶えることととなりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

キャデラック 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ