メルセデス・ベンツ600 (W100 1963-1981):巨大なボディと先進装備を持つショーファードリブン

メルセデス・ベンツ 600 1964

メルセデス・ベンツ 600 1964

ダイムラー・ベンツは1963年のフランクフルト・ショーにおいて、同社のラインナップの頂点に位置し、戦前ごく少数が生産された「グローサー・メルセデス」の再来ともいえるショーファードリブン「メルセデス・ベンツ600」(W100型)を発表しました。巨大なボディに時代の先端を行く快適・豪華装備が備わり、基本設計に変更のないまま18年に渡り生産が続けられました。

3タイプのボディを用意

ボディタイプは、ショートホイールベース4ドア仕様の「リムジーネ」とロングホイールベース4ドア/6ドア仕様の「プルマン」、そしてプルマンをベースにしたオープンモデル「ランドーレット」の3タイプが用意されました。スタイリングは、デコレーションを排した直線基調のプレーンなフォルムと、同社独自の縦型ヘッドランプが特徴でした。

メルセデス・ベンツ 600 1964

メルセデス・ベンツ 600 1964

室内は、リムジーネが2列シート5人又は6人乗り仕様、プルマン/ランドーレットが3列シート7人又は8人乗り仕様でした。ボディのディメンションは、リムジーネでも全長5,540mm×全幅1,950mm×全高1,500mm、ホイールベース3,200mmという巨大なもので、プルマンは更にそれよりも全長/ホイールベースが700mm長い堂々たる体躯を誇りました。

メルセデス・ベンツ 600 1964

メルセデス・ベンツ 600 1964

車両重量もボディサイズに比例して重量級で、リムジーネで2,475kg、プルマンでは2,630~2,710kgに達しました。サスペンション形式は、下位モデルの「メルセデス・ベンツ・300」などと共通のフロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:スウィングアクスル式ながら、スプリングはコイル式に代わり先進的なエア式(エアサスペンション)が採用されました。

最高速度200キロオーバーの高性能

駆動方式は同社の他のモデルと同様FRで、エンジンはこのモデルの為に新開発された6.3L V8SOHC・ボッシュ機械式燃料噴射仕様(最高出力250ps/最大トルク51kgm)が搭載されました。トランスミッションは4速トルコン式ATが組み合わせられ、最高速度はリムジーネで205km/h、プルマンでも200km/hに達する高性能を発揮しました。

メルセデス・ベンツ 600 1964

メルセデス・ベンツ 600 1964

ブレーキは4輪ディスク式で、タイヤは9.00×15というファットなサイズが装着されました。又、リサーキュレーティング・ボール式のステアリングには、パワーアシストが採用されました。快適装備としては、油圧バキューム式によるパワーウィンドウ、集中ドアロック、オートクローザー付ドア、自動開閉式トランクリッド、パワーシート、サンルーフの他、前後席独立式のエアコンが採用されました。

メルセデス・ベンツ 600 1964

メルセデス・ベンツ 600 1964

販売は1981年6月まで継続され、その間にリムジーネが2,190台、プルマンが428台生産されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

MBその他時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ