日産 e-NV200(ME0 2014-):NV200バネットのボディにリーフの心臓部を移植

シェアする

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産のワンボックス型バン/ワゴン「e-NV200」は、「NV200バネット」をベースにしたEVとして2013年11月に開催された東京モーターショーに初出展され、2014年10月に販売が開始されました。内外装は、EV化に伴い一部仕様変更が行われているものの基本的にNV200バネットと共通で、パワートレインにはハッチバック型EV「リーフ」の物が移植されています。

リーフに類似したフロントマスクを採用

ボディはNV200バネット同様、左右に後席用スライドドアを備える5ドアで、バンにパネルバンタイプの「ルートバン」が設定される点も同一となります。又、バンに1列シート2人乗り仕様と2列シート5人乗り仕様が(ルートバンは2人乗り仕様のみ)、ワゴンに2列シート5人乗り仕様と3列シート7人乗り仕様が設定される点も同一になっています。

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

スタイリングは、NV200バネットのボディを利用しながらも、リーフを彷彿とさせるデザインのフロントマスクや専用デザインのホイールなどの採用により、EVモデルとしてのアイデンティティーが強調されています。ボディサイズは全長4,560mm×全幅1,755mm×全高1,850~1,855mm、ホイールベースは2,725mmで、NV200バネットバンより全長が160mm、全幅が60mm拡大されています。

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

車両重量はバンが1,510~1,570kg、ワゴンが1,620~1,660kgで、EV化とボディ拡大に伴いNV200バネットから300kg程増加しています。サスペンションは、形式こそフロント:ストラット式/リア:リジッド・リーフ式を踏襲するものの、重量増加に対応する為フレーム共々強化が図られています。駆動方式はFFを踏襲し、搭載されるモーターは前述の通りリーフと同一の物となります。

リーフに備わらない独自機能を装備

スペックも最高出力109ps/最大トルク25.9kgmで同一であるものの、後続距離はJC08モードで185~190kmとなり、リーフの224kmよりもやや短くなっています。その一方で、バッテリー残量警告灯が点灯すると最高速度を100km/hに制限する「エナジーセーブモード」や、回生ブレーキと摩擦ブレーキを組み合わせた新開発の回生強調ブレーキなど、リーフには備わらない独自機能が装備されます。

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

インテリアは基本的にNV200バネットと共通ながら、ブルー照明のデジタルシングルメーターやピアノブラック調のフローティングセンターパネル、EV用シフトセレクターなどの採用により差別化が図られています。又、走行用バッテリーから最大1500Wの電力を取り出す事が出来る外部給電機能が備わるのも、e-NV200ならではの特徴となっています。

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

日産 e-NV200 2016 (出典:nissan.co.jp)

グレード体系は、バンにはルートバン仕様、2人乗り仕様、5人乗り仕様それぞれに標準グレード「VX」と上級グレード「GX」の2種類が設定されます。一方ワゴンは、「G」のみのモノグレードに5人乗り仕様と7人乗り仕様が設定されます。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます