プジョー 3008 (2代目 2016-):プラットフォームを一新するとともに安全装備を強化

プジョー 3008 (2代目 2016)

2009年にプジョーPSA初のクロスオーバーSUVとしてデビューした「3008」は、2016年9月のパリ・モーターショーにおいて7年ぶりの全面改良が施された2代目モデルが初公開されました。先代からプラットフォームが一新されるとともに、内外装にも同社最新のデザインが導入されました。また、安全装備面での大幅な強化が図られたことも特徴でした。

全長とホイールベースを延長

プジョー 3008 GT Line (2代目 2016)

新世代プラットフォーム「EMP2」に架装されるボディは従来同様5ドアで、スタイリングは斬新な意匠のフロントマスクが与えられたほか、Aピラーの角度が先代よりも立てられ、よりクロスオーバーSUVらしい雰囲気に変貌しました。ボディサイズは全長4,447mm×全幅1,841mm×全高1,615mmで、先代から全長と全幅が拡大された一方、全高は若干低められました。

プジョー 3008 GT (2代目 2016)

また、ホイールベースは60mmほど延長され2,675mmとなりました。駆動方式はフルタイム4WDモデルの設定がなくなり、FFのみの設定となりました。エンジン・ラインナップは、1.2L直3(最高出力130ps)および1.6L直4(最高出力165ps)のガソリンターボと、1.6L直4(最高出力100ps/120ps)および2L直4(最高出力150ps/180ps)のディーゼルターボが用意されました。

プジョー 3008 (2代目 2016)

一方で、先代に設定のあったディーゼルエンジン+モーターによるハイブリッドの設定はなくなりました。トランスミッションは、従来同様に6速トルコン式ATと6速MTが設定されました。サスペンション形式は先代同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:トーションビーム式で、ブレーキもフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が踏襲されました。

デジタルメーターを採用

プジョー 3008 GT (2代目 2016)

一方インテリアは、メーターパネルがステアリングホイール上端よりも上に位置する「i-Cockpit」が採用されたほか、メーターパネル自体も12.3インチTFTディスプレイ採用の「デジタルヘッドアップインストルメントパネル」に刷新されました。また、8インチタッチスクリーンによる最新のインフォテインメントシステムが導入されたことも特徴でした。

安全装備面では、衝突被害軽減ブレーキの「アクティブセーフティブレーキ」や車線変更をアシストする「レーンキープアシスト」、斜め後方の死角にいる車両を感知して警告する「アクティブブラインドスポットモニター」が新採用されました。また、路面状況に応じたトラクションコントロールの制御を選択できる「アドバンスドグリップコントロール」も装備されました。

日本には1.6Lガソリンエンジン+AT仕様車を導入

日本市場には、プジョー・シトロエン・ジャポンの手により2017年3月13日に導入が開始されました。用意されるパワートレインは従来同様1.6Lガソリンターボエンジンと6速ATの組み合わせのみで、グレードはカタログモデルとして標準グレード「アリュール」とLEDヘッドランプなどが備わる上級グレード「アリュールLEDパッケージ」がラインナップされました。

さらに、発売記念限定モデルとして「アリュール デビューエディション」および「GTライン デビューエディション」も設定されました。

SUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

ハリアー 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ハリアーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点など購入前に気になる情報だけでなく、実燃費、リセール...
RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ RAV4の新車...
新型CX-30 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
CX-30の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどマツダ 新型CX-3...
ヤリスクロス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
ヤリスクロスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ヤリス...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

プジョー
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ