ルノー サフラン (初代 1992-1998):4WD車や高性能モデルも用意されたフラッグシップ

ルノー サフラン (初代 1992)

ルノーは1991年、1983年にリリースした「25」に代わるフラッグシップモデル「サフラン」を発表、翌1992年に販売を開始しました。3ボックス型5ドアハッチバックボディを持つFF車という基本構成を踏襲しながら、新たにフルタイム4WD車やドイツのチューナー「ハルトゲ」がチューニングを手掛けた高性能モデルが設定されるなど、新機軸が打ち出されました。

25からサスペンションを一新

エクステリア・デザインはジョルジェット・ジウジアーロにより手掛けられ、25よりも丸みを帯びたフォルムに変貌すると共に6ライトウィンドウ化された事が特徴でした。ボディサイズは25より一回り大きい全長4,736mm×全幅1,806mm×全高1,414mmで、ホイールベースも若干延長され2,766mmとなりました。

ルノー サフラン Bi-Turbo (初代 1993)

エンジンは当初、2L直4SOHC(最高出力107hp)、2.2L直4SOHC 8V(最高出力110hp)、同16V(最高出力140hp)、3L V6SOHC(最高出力170hp)のガソリンNA4種類と、2.1L直4SOHC ディーゼルターボ(最高出力90hp)が用意されました。トランスミッションは、5速MT又は自社製の4速トルコン式ATが組み合わせられました。

ルノー サフラン Bi-Turbo (初代 1993)

サスペンション形式は25から一新され、フロントにマクファーソンストラット式、リアにマルチリンク式が採用されました。又、装備面ではルノー車初のSRSエアバッグシステムが採用された事が特徴でした。そして1994年、前述したハルトゲの手による高性能モデル「ビトゥルボ」がラインナップに加わりました。

フェイスリフトと共にパワートレインを一新

ルノー サフラン (初代 1996)

パワートレインはガソリン3L V6SOHCツインターボエンジン(最高出力280hp)+5速MTの組み合わせで、駆動方式はフルタイム4WDが採用されました。最高速度250km/hに達する高性能を発揮したものの、販売台数は僅か500台余りに留まりました。次いで1996年にフェイスリフトが実施され、フロントマスクの刷新と共にパワートレインが一新されました。

エンジンは、ガソリンはボルボ製の2L直4SOHC(最高出力140hp)及び2.5L直5DOHC(最高出力170hp)と、PSAと共同開発した3L V6DOHC(最高出力192hp)の3種類となり、ディーゼルは新開発の2.2L直4SOHCターボ(最高出力115hp)に置換されました。又、トランスミッションはMTはシフトフィールの向上が図られ、ATはアイシン・ワーナー製に変更されました。

そして1998年、後継モデルのリリースもないまま生産終了となりました。新たなフラッグシップモデル「ヴェルサティス」が登場するのは、それから3年後の事でした。サフランが日本に初上陸したのは1995年1月の事で、当初は3L V6エンジン+4速ATを搭載し、電子制御エアサスペンションが備わる「バカラ」のみのモノグレード設定でした。

追って同年11月に、同じパワートレインを採用する廉価グレード「RXE」が追加されました。その後グレードの追加やフェイスリフト版の導入などは行われず、在庫分が完売した1998年末を持ってルノージャポンのラインナップから姿を消しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ルノー
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ