トヨタ ランドクルーザープラド (70系 1990-1996):70系ランドクルーザーの都会派バージョンとして誕生

トヨタ自動車のクロスカントリー型SUV「ランドクルーザープラド」は、1990年4月に初代モデルがリリースされました。70系「ランドクルーザー」の都会派バージョンと位置付けられ、より洗練されたスタイリングをまとっていたほか、乗り心地に優れたコイル式サスペンションを備えていました。

ボディは2ドアと4ドアを用意

ボディタイプは2ドアと4ドアの2種類で、全車乗用登録のワゴン仕様でした。スタイリングは、70系ランドクルーザーからフロントまわりの意匠が一新されていました。ボディ・ディメンションは、2ドアが全長3,945mm×全幅1,690mm×全高1,885mm、ホイールベース2,310mm、4ドアが全長4,585mm×全幅1,690mm×全高1,905mm、ホイールベース2,730mmでした。

サスペンション形式は、フロントがリーディングアーム式、リアがトレーディングアーム式による4輪リジッド・アクスル式が採用されました。駆動方式は70系ランドクルーザー同様パートタイム4WDのみの設定で、エンジンは当初、2.4L直4SOHCディーゼルターボの2L-TE型(最高出力97ps/最大トルク24.5kgm)が搭載されました。トランスミッションは、5速MTと電子制御式4速トルコン式ATが設定されました。

ワイドボディ仕様を追加

ブレーキは、全車に4輪ベンチレーテッド・ブレーキが採用されました。室内は、2ドアが2列シート5人乗り仕様、4ドアが3列シート8人乗り仕様となっていました。グレード体系は、当初下から「LX5」、「SX5」、「EX5」(4ドアのみ)の3タイプがラインナップされました。その後1991年8月に、4ドア車に全幅を1,790mmに拡大するとともにワイドタイヤを装着した「EXワイド」が追加されました。

同時に、LX5/SX5/EX5はグレード名がそれぞれ「LX」「SX」「EX」に変更されました。次いで1992年5月、EXワイドをベースとした特別仕様車「EXワイドリミテッド」が設定され、追って同年8月にはSXがベースのワイドボディ版「SXワイド」が追加されました。続いて1993年5月にマイナーチェンジが実施され、エクステリアの一部変更やサスペンションおよびブレーキの改良が行われました。

同時に、エンジンが環境性能を改善した3L直4SOHCディーゼルターボの1KZ-TE型(最高出力130ps/最大トルク29.5kgm)に置換されました。次いで1994年5月、ランドクルーザー生産台数累計250万台達成記念モデルとして、SXワイドをベースとした「SXワイドリミテッド メモリアルパッケージ」が設定されました。

その後、1995年4月と12月の2度にわたり、SXワイドがベースの特別仕様車「SXワイドリミテッド」が設定されました。そして1996年5月にフルモデルチェンジが実施され、2代目90系にバトンタッチされました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ランドクルーザー プラド
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車