フォルクスワーゲン cross up! (2013-):up!をベースとしたクロスオーバーSUV風モデル

フォルクスワーゲン cross up! (2013)

フォルクスワーゲンAGは2013年3月に開催されたジュネーブ・ショーにおいて、Aセグメント・コンパクトカー「up!」をベースとした派生モデル「cross up!」を発表しました。プラットフォームやパワートレイン、基本的なボディシェルなどを流用しながら、クロスオーバーSUVテイストの遊び心あふれるモデルに仕立てられました。

最もパワフルなup!用エンジンを搭載

フォルクスワーゲン cross up! (2013)

ボディタイプは5ドアハッチバックのみの設定で、エクステリア・デザインはup!のイメージを受け継ぎながらも、シルバーの前後バンパーや樹脂製のホイールエクステンション&サイドモールディング、ルーフレール、16インチの大径アルミホイールの採用などにより差別化が図られました。

ボディサイズは全長3,563mm×全幅1,649mm×全高1,516mmで、up!からそれぞれ23mm×4mm×27mm拡大されました。一方、ホイールベースは共通の2,420mmでした。駆動方式は、SUV仕立てのモデルながらup!同様FFのみの設定でした。エンジンは、up!に用意される3種類のガソリン1L直3DOHC12バルブNAのうち、最もパワフルな最高出力75ps/最大トルク9.7kgm仕様が搭載されました。

フォルクスワーゲン cross up! (2013)

トランスミッションはup!同様、5速MTとシングルクラッチ式AMTの5速ASGが設定されました。サスペンション形式は、フロント:マクファーソンストラット式/リア:トレーリングアーム式の形式を踏襲しながら、ロードクリアランスが10mm高められていました。ブレーキはup!同様フロントがベンチレーテッド・ディスク式、リアがドラム式で、タイヤは185/50R16サイズが装着されました。

衝突被害軽減ブレーキも継承

フォルクスワーゲン cross up! (2013)

安全装備はup!と共通で、SRSデュアル&サイドエアバッグシステムやEBD付きABS、横滑り防止装置「ESP」、衝突被害軽減ブレーキ「シティーエマージェンシーブレーキ」、坂道発進をサポートする「ヒルホルダー機能」などが採用されました。また、乗車定員もup!同様に4人となっていました。

フォルクスワーゲン cross up! (2013)

一方で、内外装色はcross up!独自のコーディネーションが採用されました。その後2016年にup!にマイナーチェンジが実施されたものの、cross up!は現時点まで変更のないまま継続販売されています。日本市場においては、2015年8月に導入が開始されました。トランスミッションは日本向けup!同様5速ASGのみの設定となるほか、同じく右ハンドル仕様のみが用意されました。

10.15モード燃費は、同じパワートレインを搭載するup!よりも0.7km/L劣る25.2km/Lとなっていました。装備面では、マニュアルエアコンやCDプレーヤー付きカーオーディオシステム、本革巻きステアリングホイール、アルミホイールなどが標準装備されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

up!
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ