ホンダ レジェンド (4代目 KB1/2 ’04-’12):四輪駆動を標準としたハイパフォーマンスセダンに

シェアする

ホンダ レジェンド 2004

ホンダ レジェンド 2004 (出典:favcars.com)

初代モデルが1985年にデビューを飾ったホンダのフラッグシップモデル「レジェンド」は、2004年10月に8年ぶり3度目のフルモデルチェンジを受け4代目モデルに移行しました。駆動方式をそれまでのFFから、世界初の4輪駆動力自在制御システム「SH-AWD」に変更し操縦安定性を向上させた他、パワートレインの刷新による動力性能アップや様々な安全・快適装備の追加が行われました。

流麗な空力ボディを採用

ホンダ レジェンド 2004

ホンダ レジェンド 2004 (出典:favcars.com)

ボディタイプは先代同様4ドアセダンのみの設定で、流麗さとシャープさを両立させたフォルムを持つボディはCd値0.29の空力特性を実現していました。初期型のボディサイズは全長4,930mm×全幅1,845mm×全高1,455mmで、先代より全長が若干短くなった一方、全幅と全高は拡大されました。ホイールベースは100mm以上短縮され2,800mmとなり、車両重量は大幅に増加し初期型で1,760kgとなりました。

ホンダ レジェンドのCM

サスペンション形式は、フロントはダブルウィッシュボーン式が踏襲され、リアはそれまでのダブルウィッシュボーン式からマルチリンク式に変更されました。発売当初搭載されたエンジンは、排気量こそ先代と同一の3.5L ながら小型軽量化及びVTEC化を図ったJ35A型で、スペックが先代の最高出力215ps/最大トルク31.8kgmから最高出力300ps/最大トルク36kgmへと大きく向上しました。

ホンダ レジェンド 2008

ホンダ レジェンド 2008 (出典:favcars.com)

トランスミッションも刷新され、先代の4速トルコン式ATに代えパドルシフト付きの5速トルコン式ATが採用されました。発売当初はモノグレードで、ランバーサポート採用10ウェイパワーシート、デュアル・フルオートエアコン、BOSE製サラウンド・サウンドシステム、追突軽減ブレーキ+E-プリテンショナー、旋回時に進行方向を照らす「AFS」などが標準装備されました。

安全運転支援システムを用意

ホンダ レジェンド 2008

ホンダ レジェンド 2008 (出典:favcars.com)

更に、電動リアサンシェイドやパワートランクリッド、カメラ+ミリ波レーダーによる高速道路運転支援システム「HiDS」、遠赤外線カメラによる歩行者検知・警報システム「インテリジェント・ナイトビジョンシステム」などがオプション設定されました。そして2005年9月にマイナーチェンジが実施され、新スマートキーシステムの採用など装備の充実が図られました。

ホンダ レジェンド 2008

ホンダ レジェンド 2008 (出典:favcars.com)

次いで2006年10月に2度目のマイナーチェンジが実施され、パドルシフトの操作性を改善すると共に、内外装色の変更や内装の一部変更が行われました。続いて2008年9月に3度目のマイナーチェンジが実施され、エクステリアデザインの刷新と共に、エンジンが3.7LのJ37A型(最高出力309ps/最大トルク37.7kgm)に置換されました。同時に、専用の内外装を備える新グレード「ユーロ」が追加されました。

ホンダ レジェンド 2008

ホンダ レジェンド 2008 (出典:favcars.com)

次いで2010年10月に4度目のマイナーチェンジが実施され、ATが6速化されると共に、消音機能が備わる18インチノイズリデューシングアルミホイールなどが採用されました。そして2012年6月に、後継モデルの登場もなく生産終了となりました。(2015年1月に5代目KC2型がデビュー)

セダン・ワゴンの人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

[PR]

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます