日産 スカイライン (12代目 V36 2006-2016):先代のコンセプトを踏襲しつつ足回りなどを一新

日産 スカイライン 2006

初代モデルがプリンス自動車より1957年4月にリリースされた中型乗用車「スカイライン」は、2006年11月に5年ぶり11度目のフルモデルチェンジを受け、12代目V36型に移行しました。先代で一新された基本コンセプトを踏襲しながらも、サスペンションの刷新やエンジンのリファインなど、さまざまな変更が施されました。

まずはセダンのみでスタート

ボディタイプは当初は4ドアセダンのみの設定で、クーペは先代V35型が継続販売されました。スタイリングはキープコンセプトで、先代譲りの流麗なフォルムが継承されました。ボディサイズは全長4,755mm×全幅1,770mm×全高1,450~1,465mmで、先代から全長と全幅が拡大された一方、全高は僅かに低められました。ホイールベースは2,850mmで、先代と同一でした。

日産 スカイライン 2006

駆動方式は先代同様FRとフルタイム4WDが設定され、エンジンは先代同様のV6DOHC NAながら吸排気システムが一新されました。用意されたのは、2.5LのVQ25HR型(最高出力225ps/最大トルク26.8kgm)と3.5LのVQ35HR型(最高出力315ps/最大トルク36.5kgm)の2種類で、組み合わせられるトランスミッションはマニュアルモード付5速トルコン式ATに一本化されました。

サスペンション形式は先代の4輪マルチリンク式から、フロントがダブルウィッシュボーン式に変更されました。また、一部グレードに4輪操舵システムがオプション設定されたほか、安全装備として新たに自動ブレーキシステムの「インテリジェントブレーキアシスト」や前車追従型の「インテリジェントクルーズコントロール」などがオプション設定されました。

クーペやクロスオーバーSUVを追加

日産 スカイライン クーペ 2007

当初のグレード体系は、2.5Lエンジン搭載の「250GT」「250GT FOUR」と3.5Lエンジン搭載の「350GT」が基本で、さらに2.5L車に「タイプV」「タイプP」が、3.5L車に「タイプS」「タイプP」「タイプSP」が設定されました。その後2007年10月に、3.7L V6DOHC NAのVQ37VHR型エンジン(最高出力333ps/最大トルク37kgm)+6速MTまたは5速トルコン式ATを搭載する2ドアクーペ「370GT」シリーズが追加されました。

日産 スカイライン クーペ 2007

次いで2008年12月に一部改良が実施され、SRSカーテン&サイドエアバッグシステムやアクティブAFS(ヘッドランプ配光自動調整システム)が全車に標準化されました。同時にクーペのATが7速に多段化されたほか、セダン350GT系がクーペと共通のエンジンを搭載する370GT系に置き換えられました。

日産 スカイライン クーペ 2007

続いて2009年7月、クロスオーバーSUVタイプの派生モデル「スカイラインクロスオーバー」が発売されました。一方クーペ/セダンは、2010年1月の一部改良でエクステリアの小変更や装備の追加が行われるとともに、2.5L・FR車のATが7速化されました。そして2014年2月にセダンのフルモデルチェンジが実施され、現行V37型に移行しました。

日産 スカイラインクロスオーバー

一方、クーペとクロスオーバーは2016年までV36型のまま販売が継続されたのち、生産終了となりました。

歴代日産 スカイライン フルモデルチェンジの歴史
初代プリンス(日産) スカイライン (1957-1963 LS1/S2) 先進的な構造を持つ高性能車として...

 

日産 スカイラインの購入を検討中なら、こちらもチェック!

新型スカイライン 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
スカイラインの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど日産 新型スカイラ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スカイライン時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ