アルピーヌ V6ターボ (GTA 1984-1991):ターボエンジンも用意されたA310の後継モデル

アルピーヌ V6ターボ (GTA 1985)

1971年にデビューしたアルピーヌの2+2シーター・グランツーリスモ「A310」は、フェイスリフトにより「A310V6」となった後、1984年にフルモデルチェンジを受け第2世代の「GTA」に移行しました。日本市場においては、当時の正規代理店であったジャクスの手により、ターボエンジン搭載車が「V6ターボ」の車名で輸入販売されました。

RRの駆動方式や鋼管バックボーン・フレームにFRPボディを組み合わせた構造などがA310から踏襲された一方、新たにターボエンジンが設定されるなど性能の向上が図られました。

優れた空力特性を実現

アルピーヌ V6ターボ (GTA 1985)

ボディタイプはA310同様、フィクスドヘッドクーペのみが用意されました。スタイリングは、直線基調のフォルムや長方形のヘッドランプカバー、リアに設けられたガラスハッチなどA310のイメージを受け継ぎながら、幅広のリアクォーターパネルにウィンドウが新設され斜め後方視界の改善が図られました。又、Cd値0.28の空力特性を実現した事も特徴でした。

アルピーヌ V6ターボ (GTA 1985)

ボディサイズは全長4,330mm×全幅1,754mm×全高1,197mmで、A310から一回り拡大された一方、ホイールベースは同一の2,270mmであった為、前後のオーバーハングの長いプロポーションとなりました。車両重量は1,140~1,180kgで、A310V6の980kgから大幅に増加していました。又、サスペンション形式は4輪ダブルウィッシュボーン式が踏襲されました。

エンジンはNAとターボを用意

アルピーヌ V6ターボ (GTA 1985)

リアに搭載されるエンジンは、A310V6同様プジョー/ルノー/ボルボ3社共同開発によるもので、2.8L V6SOHCソレックス・ツインキャブレターNA仕様(最高出力157hp/最大トルク22.5kgm)と、2.5L V6SOHCボッシュKジェトロニック電子燃料噴射インタークーラーターボ仕様(最高出力200hp/最大トルク29.1kgm)が用意されました。

アルピーヌ V6ターボ (GTA 1985)

トランスミッションはA310同様5速MTが組み合わせられ、前者は最高速度235km/h・0-100km/h加速8s、後者は最高速度249km/h・0-100km/h加速7sの動力性能を発揮しました。後者のパフォーマンスは、同じRR方式を採用する「ポルシェ・911カレラ」に匹敵するものでした。又、4輪ディスク式を踏襲するブレーキは、フロントに加えリアにもベンチレーテッド型が採用されました。

アルピーヌ V6ターボ ル・マン (GTA 1990)

室内に目を移すと、A310から後席の居住性が改善された他、インパネはスポーツカー然としたA310から大きく変わり乗用車的なデザインが採用されました。その後1989年に、内外装をアップグレードした「ミッレ・ミリア」が、更に1990年には、ワイド化を図ったボディに2.5L V6ターボエンジンのアウトプットを最高出力185hpにデチューンして搭載する「ル・マン」が追加されました。

そして1991年にフルモデルチェンジが実施され、第3世代の「A610」に移行しました。

アルピーヌ A610 (1991-1995):GTA/V6ターボの後継となる2+2シーターGT
1971年にデビューしたアルピーヌの2+2シーター・グランツーリスモ「A310」は、1991年に7年ぶり2度目の...

スポーツカーを購入検討中なら、こちらもチェック!

マツダ ロードスター/RF 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロードスター/ロードスターRFの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど...
ホンダS660 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
S660の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ S660の新車...
コペン値引き2020年10月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ コペン セロ/ローブ/XPLAYの値引き/納期/実燃費レポート (2020年10月5日更新) 20...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
ビークルズをフォローする
ビークルズ