アルピーヌ A610 (1991-1995):GTA/V6ターボの後継となる2+2シーターGT

アルピーヌ A610 (1991)

1971年にデビューしたアルピーヌの2+2シーター・グランツーリスモ「A310」は、1991年に7年ぶり2度目のフルモデルチェンジを受け、第3世代の「A610」に移行しました。RRの駆動方式や、鋼管バックボーン・フレームにFRP製ボディを組み合わせた構造などはA310及び第2世代の「GTA(日本名V6ターボ)」譲りながら、性能面では大幅な向上が図られました。

新車購入ガイド:【2022最新】フェアレディZの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

リトラクタブルヘッドランプを採用

アルピーヌ A610 (1991)

ボディタイプはそれまでと同様、フィクスドヘッドクーペのみが用意されました。エクステリア面では、ボディシェルの多くの部分がGTA/V6ターボから流用された為、基本的なプロポーションは似通ったものとなっていました。一方で、ヘッドランプは従来の固定式からリトラクタブル式に変更された為、フロント廻りのイメージは大きく変わりました。

アルピーヌ A610 (1991)

又、0.3となるCd値は、GTA/V6ターボから0.02ポイント増加していました。ボディサイズは全長4,441mm×全幅1,762mm×全高1,188mmで、全高を除き若干拡大された他、ホイールベースも70mm延長され2,340mmとなりました。又、車両重量はフロアパンの剛性アップなどの影響により、GTA/V6ターボの1,140~1,180kgより大幅に重い1,420kgとなっていました。

新車購入ガイド:【2022最新】GR86の値引き 納期 乗り出し価格

ポルシェ911に匹敵する性能を実現

アルピーヌ A610 (1991)

その一方で、前後重量配分はRR車として理想的な43:57に改善されました。リアに搭載されるエンジンは、プジョー/ルノー/ボルボ3社共同開発によるV6SOHCを踏襲しながら、排気量が3Lまで拡大されると共に電子燃料噴射+ターボチャージャー仕様に一本化されました。アウトプットは最高出力250hp/最大トルク35.7kgmで、従来の2.5L版から50hp/6.6kgmの向上を果たしていました。

トランスミッションは従来同様の5速MTながら、トップのギアレシオが高められていました。動力性能は、最高速度は従来のターボ仕様車よりも17km/h高い266km/hに達し、0-100km/h加速タイムは1.1s短縮され5.9sとなりました。このパフォーマンスは、同じRR方式を採用するライバル「ポルシェ・911カレラRS」に匹敵するものでした。

アルピーヌ A610 Magny-Cours (1992)

又、ブレーキはABS付きの4輪ベンチレーテッド・ディスク式を踏襲しつつ、パフォーマンス向上に対応すべくローター径が259mmから300mmに拡大されました。更に装着されるホイール&タイヤも、フロントが6J×15+195/50VR15から7J×16+205/45ZR16へ、リアが8.5J×15+225/45VR15から9J×16+245/45ZR16へと大径化及びワイド化が図られました。

アルピーヌ A610 Magny-Cours (1992)

一方ステアリングは、ラック&ピニオン式の形式を踏襲しつつ、新たにパワーアシストが採用されました。そして1995年をもって生産を終了、1955年に「A106」が誕生して以来40年に渡り生産が続けられたアルピーヌブランドのモデルは市場から姿を消し、2017年発売のA110まで途絶えることになりました。

新車購入ガイド:【2022最新】GRスープラの値引き 納期

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ