フォード フェスティバ (初代 1986-1993):マツダが設計を担当しフォード・ブランドで販売

フォード・モーターは1986年、新型Aセグメント・コンパクトカー「フェスティバ」を発売しました。当時業務提携を結んでいたマツダが設計を担当し、生産はマツダおよび韓国の起亜自動車により行われました。欧米や中国など多くの国で販売された他、日本においてもマツダ・オートラマ系列店を通じ販売が行われました。

日本向けはハッチバックとバンを用意

ボディタイプは、3ドア/5ハッチバック、4ドアセダン、5ドアステーションワゴン/バンなどがラインナップされました。これらのうち、日本市場では3ドア/5ドアハッチバックの他、5ドアバンが「ファスティバカーゴ」の車名で販売されました。スタイリングは、台形のフォルムや直線基調のボディラインなどにより、ヨーロッパ車調のプレーンな雰囲気にまとめられていました。

ボディサイズは全長3,475~3,620mm×全幅1,605~1,615mm×全高1,460~1,470mmで、ホイールベースは2,295mmでした。駆動方式はFFで、エンジンは当初、1.1L直4SOHC(最高出力52ps/最大トルク8.8kgm)と1.3L直4SOHC(最高出力64ps/最大トルク10.4kgm)が用意されました。トランスミッションは、1.1Lには4速MTが、1.3Lには5速MTまたは3速トルコン式ATが組み合わせられました。

サスペンション形式は、フロントにマクファーソンストラット式、リアにトーションビーム式が採用されました。ステアリング形式はラック&ピニオン式で、パワーステアリングがグレードにより標準装備またはオプション設定されました。また、ブレーキは全車にフロント:ディスク式/リア:ドラム式が採用されました。

フォード フェスティバのCM

Ford Festiva 1986 Commercial (Japan) 3

新車情報 ’86 フォード・フェスティバ

新車情報'86 フォード フェスティバ

M/Cと同時に豪華版やスポーティモデルを追加

日本向けハッチバックモデルのグレード体系は、当初下から1.1L/1.3Lエンジン搭載の「ジュニア」、1.3Lエンジン搭載の「L」「アイシア」「ファイブ」「SX」がラインナップされました。こららのうち、Lには2シーター仕様も設定されました。その後1989年にマイナーチェンジが実施され、フロントグリルの意匠や内装が変更されました。

同時に、レザー・インテリアが備わる1.3Lエンジン搭載の豪華グレード「GHIA(ギア)」と、1.3L直4DOHCエンジン(最高出力88ps/最大トルク10.0kgm)を搭載し、扁平ワイドタイヤを装着するスポーティグレード「GT-X」が追加されました。次いで1990年、1.1L/1.3L SOHCエンジンを搭載する新グレード「ジュニアエクストラ」が追加されました。

同時に、アイシア/SX/GHIA/GT-Xにキャンバストップ仕様が設定されました。同クラスの国産車には他にキャンバストップが設定されるモデルがなかったため、フェイスティバのセリングポイントのひとつになりました。モデル末期にはGT-Xをベースとして丸型ヘッドライトを装着した300台限定のスポーティ仕様「フェスティバ GT-A」も販売されました。

フェスティバ GT-A(wikipedia

そして1993年にフルモデルチェンジが実施され、2代目フェスティバに移行しました。

コンパクトカー購入検討中なら、こちらもチェック!

ヤリス値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
トヨタ 新型ヤリスの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ヤリスの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ヤリス...
フィット 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ホンダ 新型フィット/フィット ハイブリッドの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型フィットの値引き情報や納期、...
ノート/e-POWER 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
日産ノート/e-POWERの新車購入に必要な情報を完全ガイド。ノート/e-POWERの値引き情報や納期、見積もり...
新型ルーミー/タンク 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
トヨタ 新型ルーミー/タンクの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
トヨタ 新型ライズの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ライズ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フォード 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず