ランボルギーニ イオタ (J 1969):オリジナル1台は焼失。伝説のスーパーカー

ランボルギーニ ミウラ P400 SVJ 1971

ランボルギーニのミッドシップ・スーパーカー「イオタ」のオリジナルモデルは、FIAの競技規定付則J項のプロトタイプ車両規則に準じたマシンとして、1969年に量販モデル「ミウラP400S」をベースにワンオフで制作されました。正式に「J(イオタ)」と呼ばれるのはこの1台のみ(シャシーNo:4683)ですが、4683は1972年に売却されたあと程なくして高速道路でのテスト走行中にクラッシュ、車両火災により廃車となりました。

1971~72年に掛けて「ミウラP400SV」をベースとしたファクトリーレプリカ「ランボルギーニ ミウラ SVJ」が少数(7~10台)制作されました。日本国内でスーパーカーブームの時に実車が公開されたのは「ミウラ SVJ」で、固定式ヘッドランプやアルミフィラーキャップの採用などによりイオタJに類似した外観を持つ他、強化された足回りを備えていました。

ミウラから大幅に軽量化

ランボルギーニ ミウラ P400 SVJ 1971

Jの企画を立ち上げたのは、同年ランボルギーニ社を去ったミウラの設計者ジャンパオロ・ダラーラの意思を受け継いだテストドライバーのボブ・ウォレスでした。シャシーの設計はミウラとは別物で、ボディもフロアの他ルーフや前後のカウル、ドアがアルミ素材で制作されるなど、徹底した軽量化が図られていました。

サスペンションは、ミウラから4輪ダブルウィッシュボーン式の形式を踏襲しながらリファインが施され、ブレーキは4輪ベンチレーテッドディスク式にアップグレードされました。又、ディファレンシャルにはZF製のLSDが装備され、ホイールサイズはミウラP400Sの前後とも7J×15から前:9J×15/後12J×15へと大幅にワイド化されました。

ランボルギーニ ミウラ P400 SVJ 1971

スタイリングは基本的にミウラのプロポーションを受け継ぐものの、ヘッドランプがポップアップ式からガラスカバー付きの固定式に変更され、拡大されたフロントグリルの下部にはチンスポイラーが設けられました。その他、フロントフード上にアルミ製のフューエルフィラーキャップが新設され、リアフェンダーが拡大されるなど数々の変更が行われました。

ランボルギーニ ミウラ SVJ Spider (4808) 1981

更に、ボディパネルと骨格の接合に用いられた無数のリベットの存在もあり、両車は容易に識別する事が出来ました。車両重量は900kgで、ミウラP400Sから140kgもの軽量化を果たしていました。ホイールベースはミウラと同一の2,505mmで、トレッドはフロントがほぼ同一の1410mm、リアは130mm程拡大され1,540mmとなりました。一方、ボディの全長・全幅・全高は公表されませんでした。

ミウラ SVJ (#4990)のエンジン音

エンジンもパワーアップ

ランボルギーニ ミウラ SVJ Spider (4808) 1981

ミッドに搭載されるエンジンはミウラP400Sと同一形式の3.9L V12DOHCながら、圧縮比を10.4:1から11.5:1まで高めると同時に4連のウェーバーキャブレターを40IDLから46IDLに換装するなどの変更により、最高出力は370hp/7,700rpmから440hp/8,500rpmまで向上(最大トルクは未公表)、最高速度は300km/hに達すると発表されました。

ランボルギーニ イオタはミウラをベースとして開発されたレース用試作車として作られた1台である事や、すぐにオリジナルの一台が焼失してしまった事、後にイオタと同じように作成されたミウラSVJをイオタとして紹介していた事などから、最もミステリアスな幻のスーパーカーとなりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ランボルギーニ時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ