スバル 360 (1958-1970):合理的な設計と優れた実用性・走行性能を備えた国民車 [K10]

スバル360 1958

スバル360 1958

スバルの軽乗用車「スバル・360」は、4人の大人が快適に乗車出来る居住性や、優れた走行性能や耐久性、乗り心地を兼ね備えた軽量な実用車として開発され、1958年5月に市販モデルとして結実し販売が開始されました。安価な軽自動車ながら、国産車として初のフルモノコックボディや4輪独立懸架式サスペンションを採用するなど、先進的な設計が採用された画期的なモデルでした。

軽量でパッケージングの優れたボディ

ボディタイプは2ドアセダンで、乗降性を考慮し前ヒンジ式ドアが採用されました。ボディサイズは当時の軽自動車規格に則り、全長2,995mm×全幅1,295mm×全高1,335mmというものでした。スタイリングは、「フォルクワーゲン・タイプⅠ」や「ルノー・4CV」を彷彿とさせる卵型のデザインを採用しながら、パッケージングにも最大限の配慮が行われました。

スバル360 1958

スバル360 1958

又、独立したフレームを持たない合理的な車体構造であった事や、ガラス繊維強化プラスチック製ルーフの採用などにより、車両重量は初期型で385kgと極めて軽量に仕上げられていました。サスペンションは、古典的な4輪リジッド・リーフ式を採用した国産普通乗用車も存在した中で、4輪トレーリングアーム・トーションバー式による4輪独立懸架という、当時としては先進的な形式が採用されました。

スバル360 1958

スバル360 1958

又、タイヤは当時の軽自動車の恒例であった普通車用の大径タイヤやスクーター用タイヤの流用ではなく、ブリジストンに開発を依頼した専用10インチタイヤが装着されました。このタイヤにより優れたパッケージングや操縦安定性が実現した他、前述のサスペンションとの組み合わせにより、舗装路でのロードホールディングと不整路での快適な乗り心地の両立に成功しました。

当時の軽自動車の水準を抜く動力性能

駆動方式は、当時技術的に未熟であったFF方式を避け、実績のあるRR方式が採用されました。リアに搭載されるエンジンは空冷2ストローク2気筒360ccのEK31型で、発売当初のスペックは最高出力16ps/4,500rpm・最大トルク3kgm/3,000rpmというものでした。この数値は、同時代のライバル車「スズキ・スズライト」の最高出力13psを大きく上回るものでした。

スバル360 1958

スバル360 1958

トランスミッションは、発売当初は3速フロア式コンスタントメッシュ(ノンシンクロ)MTが組み合わせられ、最高速度は当時の軽自動車の水準を大きく上回る83km/hに達しました。その他の機構面では、電装系に当時の小型車で主流だった6Vではなく12Vを採用した事や、方向指示器にセマフォー(腕木式方向指示器)ではなくターンシグナルランプを採用するなど、随所に先進的な設計が垣間見られました。

スバル360のCM

懐かしCM 1967 スバル360

改良でエンジンや内外装を変更

その後、毎年のように数々の改良が加えられました。大きな変更としては、まず1960年後期型でエンジンがEK32型に置換され、最高出力が18psに向上すると共に、トランスミッションがシンクロメッシュ式に変更されました。次いで1963年後期型で、インパネのデザイン変更などインテリアの仕様が刷新されると共に、フロントドアウィンドウがスライド式から昇降式に変更されました。

スバル360 1958

スバル360 1958

続いて1965年前期型では、エンジンの最高出力が20psに向上した他、テールランプのデザイン変更などが行われました。そして1968年後期型で、エンジンの最高出力が25psに向上すると共に、OD付きトランスミッションが標準化されました。同時に、若者をターゲットとして最高出力を36psまで高めたスポーティグレード「ヤングSS」が追加されました。

スバル360 ヤングSS 1968

スバル360 ヤングSS 1968

スバル360は、前述したようなトータルバランスの高さと優れた経済性、価格の安さ(発売当時で36万5千円)により発売開始と同時にベストセラーカーとなり、長き渡り軽自動車販売台数№1の座を維持、名実共に国民車的な存在となりました。しかし、1967年に発売された安価で高性能な「ホンダ・N360」の前についに王座を譲り、次いで1969年に後継車種の「スバルR-2」が登場した事を受けて、1970年5月を持って生産終了となりました。

後継モデル:スバル R-2

軽自動車を購入検討中なら、こちらもチェック!

N-BOX/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
(2020年7月2日更新) ホンダ 新型N-BOX/カスタムの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型N-BOX...
タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
(2020年7月2日更新) ダイハツ 新型タント/カスタムの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型タント/カス...
新型スペーシア 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
スズキ 新型スペーシアの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型スペーシアの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
スズキ ハスラーの新車購入に必要な情報を完全ガイド。ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ハスラーの...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スバルその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず