RAV4プラグインハイブリッドを公開 日本発売は2020年夏

新型RAV4 Prime(米国仕様)

トヨタは、11月22日から開催のロサンゼルスオートショーにおいて、RAV4のプラグインハイブリッド車(PHV)である「RAV4 Prime」(米国車名・米国仕様)を世界初披露する。

RAV4のPHVは、米国および日本では2020年夏、欧州では2020年後半の発売を予定している。

新開発のプラグインハイブリッドシステムを採用

新型RAV4 Prime(米国仕様)

RAV4 Primeは、RAV4の基本性能をベースに、パワートレーンには新開発のプラグインハイブリッドシステムを採用。米国でクラストップレベルの加速性能となる。

RAV4 Primeの主な特長

パワフルな走行性能と環境性能の両立

RAV4 Primeでは、様々な路面における走行安定性や意のままのハンドリング性能などのRAV4の基本性能や、RAV4のハイブリッド車のスポーティな走行性能をベースに、新開発のプラグインハイブリッドシステムを搭載。

RAV4のハイブリッド車と同様の2.5Lエンジンを搭載。新開発の大容量リチウムイオン電池やモーターの大容量化によって高出力を可能にする新たなプラグインハイブリッドシステムとしている。システム出力はRAV4ハイブリッド車を83hp(約62kw)上回るクラストップレベルの302hp(約225kw)を達成、加速性能は時速0-60Mile(0-96km/h)加速において5.8秒(RAV4のハイブリッド車は7.8秒)を達成する。

また、大容量リチウムイオン電池は、床下搭載としてRAV4と同様の室内空間を確保。低重心化により走行安定性の向上にも寄与する。駆動方式には、RAV4のハイブリッド車と同様に「E-Four」(電気式4WDシステム)を採用、RAV4の走破性の高さを継承している。

パワフルな走りを可能にする走行性能に加えて、新開発のプラグインハイブリッドシステムにより、EV航続距離は39Mile(約62km)を、燃費性能は90MPGeを達成し、またプリウスPHVと同様の「ヒートポンプオートエアコン」をRAV4 Prime向けに最適化して高効率な電力消費を実現。

また、駆動用電池に蓄えた電力を最大1,500Wの出力で家電などへ供給できる外部給電機能を搭載している。

スポーティでプレミアム感のある専用デザイン

新型RAV4 Prime(米国仕様)

エクステリアデザインは、専用ミッドグリルとロアバンパーを採用。メッシュグリルでスポーティさを際立たせ、ピアノブラックのアクセントで高級感を高めている。また、19インチ専用アルミホイールに大径タイヤを設定。外板色には、鮮やかで質感の高いスーパーソニックレッドを新規設定。ボディ下部をブラックに塗装し、ブラックルーフと合わせて、引き締まった印象を与えている。

新型RAV4 Prime(米国仕様)

インテリアでは、視認性を高めるヘッドアップディスプレイや、大型9インチディスプレイオーディオをRAV4初採用。スポーティな走行を支援するパドルシフトも設定。

新型RAV4 Prime(米国仕様)

RAV4/RAV4 PHVの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

RAV4
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ