トヨタ 新型RAV4新車値引き2019年6月-納期/実燃費/価格の評価

トヨタ RAV4 Adventure (アッシュグレーメタリック×シアンメタリック)

トヨタ 新型RAV4の値引き/納期/実燃費レポート

(2019年6月2日更新)

1994年にデビューし、同時期にデビューしたホンダ CR-Vと共に乗用車ベースの世界的なライトクロカンブームの火付け役となった初代RAV4。

その後、年々増加する競合に対抗するため、モデルチェンジの度に少しづつサイズ・価格帯が上昇し、トヨタのラインナップにもSUVが充実と共に販売台数が減少、2013年に発売された4代目RAV4は北米・欧州向けのモデルとなり、日本市場には導入されませんでした。

2018年に5代目となる新型RAV4が発表。2019年4月から再び日本市場にも導入されました。

トヨタ 新型RAV4の新車値引き相場

値引き交渉の深さ 値引きの目安
特に値引き交渉をしない ~3万円
競合を絡ませて値引き交渉 5~8万円
徹底値引き交渉・オプション多数 10~15万円

トヨタ 新型RAV4の新車値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

初枚間もない為、値引きは渋めとなっています。

トヨタ 新型RAV4の納期:少し長め

  • 納期:2ヵ月~4ヵ月

新規モデルで生産台数が少ないことから、納期は少し長めとなっています。

トヨタ 新型RAV4の値引き相場がわかったら、次にすべき事

「トヨタ RAV4の値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。

自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、トヨタ RAV4の魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる トヨタ RAV4を見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

トヨタ RAV4の価格/グレード/実燃費

トヨタ RAV4のグレード別 新車価格

2.0L直4

駆動 グレード 税込価格(円)
FF X 2,608,200
4WD X 2,835,000
アドベンチャー 3,137,400
G 3,202,200
G Zパッケージ 3,348,000

ハイブリッド(2.5L直4+モーター)

駆動 グレード 税込価格(円)
FF ハイブリッドX 3,202,200
E-Four ハイブリッドX 3,450,600
ハイブリッドG 3,817,800

※価格は2019年4/2現在のメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

トヨタ RAV4のグレード選び

パワートレイン

パワーユニットは2.0L直4のガソリンエンジンと、ハイブリッド(ガソリン2.5L直4+モーター)の2種類となります。

トランスミッションはCVTで、ガソリン、ハイブリッド共に2WD(FF)と4WDが設定されています。マニュアルトランスミッションの設定はありません。

グレード

グレード構成は基本モデルとして、ベーシックグレードの「X」、上級グレードの「G」があります。ガソリン車には「アドベンチャー」「G Zパッケージ」が設定されています。

価格帯

価格は、「X」(ガソリン、2WD)の2,608,200円から「ハイブリッドG」(ハイブリッド、E-Four)の3,817,800円までで、価格差は121万円となっています。

トヨタ RAV4の実燃費(4WD、2名乗車時の目安)

2.0L直4

走行シーン 燃費
高速道路中心 16~18km/L
郊外・幹線道路 12~15km/L
市街地 11~14km/L

ボディサイズや重量を考えると2.0Lガソリンエンジンでも良好な燃費性能となっています。ハイブリッドと比較すると渋滞による燃費悪化の影響は大きくなります。

ハイブリッド(2.5L直4+モーター、E-Four)

走行シーン 燃費
高速道路中心 20~24km/L
郊外・幹線道路 22~23km/L
市街地 18~25km/L

ハイブリッド車らしい燃費の良さを体感できます。充電機会の少なくなる高速道路に対し、市街地、特に渋滞の発生する場合にはガソリンエンジン車との燃費性能に差が大きくなります。

トヨタ RAV4のマイナーチェンジ/特別仕様車/フルモデルチェンジ情報

2019年4月10日 トヨタ RAV4 フルモデルチェンジ

新型RAV4(米国仕様)

国内への投入が見送られた4代目RAV4がフルモデルチェンジ。ラインナップから消滅していたRAV4ですが、空白期間の後に2019年5月、5代目RAV4は再び日本国内でも販売が再開されました。

 

btn_8190_600x100

トヨタ RAV4の競合はコレ!

トヨタ RAV4を安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

ホンダ CR-V

ホンダ CR-V HYBRID EX・Masterpiece(プラチナホワイト・パール)

しばらく国内のラインナップから消滅していたホンダCR-Vですが、フルモデルチェンジを機に2018年11月より国内でも発売となりました。

先代モデルよりも立派なボディサイズに1.5Lターボとハイブリッド(2.0L+モーター)の2つのパワートレインに2列5人乗り、3列7人乗りをラインナップ。車格は1ランク上のSUVとなりました。

CR-Vは初代モデルからRAV4のライバルでしたが、両車とも揃って日本市場に復帰してきたのも趣きが深いです。

マツダ CX-5

SUVに注力しているマツダのCX-5が競合となります。マツダは他社と異なり、ハイブリッドではなくスカイアクティブ・テクノロジーによるディーゼルエンジンを売りとしています。

CX-5は質感も高く人気モデルですがRAVと違ってハイブリッドがありません。商談にはその点を取り入れて大きな値引きを狙いましょう。

三菱 アウトランダー/PHEV

三菱 アウトランダー PHEV

2012年10月にフルモデルチェンジをした三菱 アウトランダー/PHEV。国内メーカーのSUVとしては唯一となるPHEVをラインナップに持つのが特徴です。

3列シートはガソリンエンジンのみ、PHEVは2列シートとパワーユニットの違いで乗員も異なるという棲み分けをしています。アウトランダーは発売から期間が経過していますので、RAV4との競合で大きな値引きを引き出しましょう。

スバル フォレスター

スバル フォレスター 2018

2018年7月にフルモデルチェンジをしたスバル フォレスター。スバル伝統の水平対向エンジンとボクシーなデザインを受け継ぎ5代目となりました。

オフロード性能だけでなく市街地走行でも扱いやすくデイリーユースにも向いています。ボディサイズや発売時期など、かなりRAV4と共通点がありますので、どちらか悩んでいるという印象をアピールして大きな値引きを引き出しましょう。

トヨタ RAV4 強み/弱み/値引き込みの総合評価

RAV4の値引きを引き出すにあたっては、上記のホンダ CR-V、マツダ CX-5などの見積もりを事前に入手してから臨みましょう。他社ライバル車種や同じクラスの車種の見積もりを比較する事で、購入に対する本気度も伝わり、RAV4の値引きを引き出し易くなります。

トヨタ RAV4の強み

初代をイメージさせるワイルドなエクステリアデザイン

新型RAV4(米国仕様)

RAV4はモデルチェンジを経るごとに洗練された都市型SUVの印象を強めてきましたが、5代目は角のあるワイルドなエクステリアデザインとなり、若々しい印象となりました。

CX-5のような洗練された大人っぽい雰囲気も魅力的ですが、新型RAV4もまた違った個性を持っています。

260万円台からの手ごろな価格

初代RAV4と比べると立派なボディサイズとなった5代目RAV4ですが、FFの最廉価モデルは260万円台からと手頃な価格設定になっています。ハイブリッドや装備に拘ると約380万円とオプションや諸費用込みで値引きを考慮しても400万円を超えるので、FFならかなりお買い得感があります。

トヨタ RAV4の弱点

ガソリンFFモデルのバリエーション

販売開始直後という事もありますが、手頃な2.0LガソリンFFモデルは1グレードのみとなっており、手頃さも良いけど、もう少し装備を充実させたいと思う人には選択肢が少なくなっています。

トヨタ RAV4の値引き込みの総合評価:4.0 (5段階評価)

帰ってきた世界的ヒットモデル

日本では4代目RAV4の導入が見送られましたが、4代目RAV4は2016年、2017年にSUVの世界販売台数が1位になるヒットモデルでした。主に北米での人気が高いため、日本市場のリクエストは通りにくい状況ではありますが、量販効果もあり価格の割に立派なボディサイズでお買い得感の強い一台です。

 

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

トヨタRAV4新車値引き
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車