スバル 新型シフォン/カスタム値引き2019年8月-納期/実燃費/価格の評価

スバル シフォンカスタム R スマートアシスト

スバル 新型シフォン/カスタムの値引き/納期/実燃費レポート

(2019年8月1日更新)

スバルは国内で人気のある軽自動車のスーパーハイトワゴン「シフォン/シフォン カスタム」を2019年7月にフルモデルチェンジしました。

シフォン/シフォン カスタムは、ダイハツからOEMによって供給され、タント/タント カスタムと基本手には同じクルマとなっています。

スバル 新型シフォン/カスタムの値引き相場

値引き交渉の深さ 値引きの目安
特に値引き交渉をしない ~4万円
競合を絡ませて値引き交渉 5~8万円
徹底値引き交渉・オプション多数 9~15万円

スバル 新型シフォン/カスタムの値引き難易度:C

(A:甘い ~ E:厳しい)

ベースとなっているタント/カスタムがフルモデルチェンジ初期となり値引きは渋めですが、ホンダ N-BOX、スズキ スペーシアなどライバルも多い事から粘り強く交渉すれば値引きそれなりに引き出せます。

ダイハツ タント/カスタム、スズキ スペーシア/カスタム、ホンダ N-BOX、日産 デイズルークスなど他社からもライバル車種が投入され、スーパーハイトワゴン市場は激戦ジャンルとなっています。

スバル 新型シフォン/カスタムの納期:標準

  • 納期:1ヵ月~2ヵ月

納期に関しては一般的と言えます。急ぐ場合は色やグレードを売れ筋モデルにすれば、ディーラーであらかじめ発注済みの車両を持っている場合もあるので、納車を早めることも可能です。

シフォン/カスタムの値引き相場がわかったら、次にすべき事

スバル シフォンカスタム R スマートアシスト

「シフォン/カスタムの値引き相場がわかった!すぐに商談に行く!」。しかし、焦りは禁物。商談を始める前に、今乗っている車の一括査定が必須です。自分の車の相場を把握しておかずに商談に入ると、シフォン/カスタムの魅力と「すぐ決めて頂ければ値引きを…」という甘い誘いに負け、下取り額に対してルーズになってしまい、買換え全体では損をする事になります。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットで今すぐできる「一括査定サービス」を使ってみましょう。複数社に査定してもらうと査定の差額は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら簡単な入力が完了するとすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに調べる シフォン/カスタムを見に行って下取り査定を受ける前に、愛車の買い取り相場を調べておくのが失敗を防ぐ大きなポイントです。

btn_8190_600x100

スバル シフォン/カスタムの価格/グレード/実燃費

シフォン/カスタムのグレード別 新車価格

シフォン

グレード 2WD(円) 4WD(円)
GS スマートアシスト 1,652,400
G スマートアシスト 1,501,200 1,620,000
L スマートアシスト 1,306,800 1,431,000

シフォン カスタム

グレード 2WD(円) 4WD(円)
RS スマートアシスト 1,787,400 1,906,200
R スマートアシスト 1,706,400 1,825,000

※価格は消費税込み、2019年7月23日現在の北海道地区を除くメーカー小売希望価格(税込)です。最新の価格はメーカー公式HP、またはディーラーでご確認下さい。

btn_8190_600x100

スバル シフォン/カスタムのグレード選び

シフォンのパワートレイン

パワートレインは自然吸気の658cc直3、658cc直3インタークーラーターボの2種類があります。4WDは全てのグレードに設定されています。トランスミッションは全てCVTとなります。

シフォンのグレード

スバル シフォンG スマートアシスト

シフォンは3グレード、シフォン カスタムは2グレードとなっています。全てのグレードに予防安全技術「スマートアシスト」が標準装備となっています。

シフォン カスタム「RS スマートアシスト」及びシフォン「GS スマートアシスト」にはターボエンジンが搭載されています。

シフォンの価格

スバル シフォンG スマートアシスト

2WDでの価格はシフォン(ノーマル)「L スマートアシスト」の1,306,800円から、シフォンカスタム 「RS スマートアシスト」の1,787,400円までで、価格差は48万円となっています。

シフォンの実燃費(2名乗車時の目安)

自然吸気エンジン車の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 15~18km/L
郊外・幹線道路 16~19km/L
市街地 13~16km/L

ターボエンジン車の実燃費

走行シーン 燃費
高速道路中心 13~16km/L
郊外・幹線道路 14~17km/L
市街地 12~15km/L

シフォンはエンジン・トランスミッションなど低燃費技術を投入しており、室内の広さの割にはかなり燃費が良い車ですが、車高があるため空気抵抗が大きく、高速道路など早い速度での走行では燃費は伸びにいと言えます。

ターボエンジンは、ターボらしい加速を多用すれば、それに比例して燃費も悪化します。ゴー・ストップの少ない郊外・高速においては自然吸気エンジンとの差は少なくなります。

また、発進・加速時にモーターでアシストするスズキ スペーシアと比べると、特に市街地での燃費は一歩譲る数値となっています。

btn_8190_600x100

スバル シフォン/カスタムの競合はコレ!

シフォンを安く購入する為には、前もって競合車種の見積もりを取っておきましょう。競合車種とポイントは以下の通りです。

ダイハツ タント/カスタム

タント カスタムRS(シャイニングホワイトパール)

スバルにOEM供給しているダイハツ タント/カスタムとの競合が一番有効と言えます。エンブレム以外はほぼ同じクルマなので、スバルブランドにこだわりがなければ値引き額でタントを選択するのもありです。

タント/カスタムの方がグレード設定が豊富となるなど細かい違いもありますのでしっかり調べて検討してみてください。

ホンダ N-BOX/カスタム

ホンダ N-BOX 2017 G・EX Honda SENSING フロント7:3(モーニングミストブルー・メタリック)

ダイハツ タント/カスタムの最有力のライバルと言えるのがホンダ N-BOXです。2011年に発売されると瞬く間にベストセラーにとなりました。しっかりと作りこんだパッケージングで初代N-BOXは高い人気を誇りました。

2017年9月に初のフルモデルチェンジを実施しN-BOXは2代目となりました。クラストップレベルの室内空間をさらに磨き直し、キープコンセプトながらさらに質感を増し、手堅いモデルチェンジをしています。商品力の高いホンダ N-BOXと競合させて、大きな値引きを引き出しましょう。

スズキ スペーシア/カスタム

スズキ スペーシア HYBRID X ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ 2018

2017年12月にフルモデルチェンジとなったスズキ スペーシアも非常に魅力的な一台です。パッケージング的にはタント、N-BOXと並んで、軽自動車としては不満のない広さを誇ります。

スペーシアにはスズキが注力するハイブリッド技術が投入され、市街地などでの燃費性能的にはスペーシアの方が優れている部分もあります。タント、N-BOXを競合させて大きな値引き金額を引き出しましょう。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

スバルシフォン新車値引き
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車