スバル エクシーガクロスオーバー7 (YAM 2015):エクシーガの後を継ぐクロスオーバー・ミニバン

シェアする

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

2008年にデビューしたスバルのミニバン「エクシーガ」は、2015年4月にユニークなクロスオーバータイプのミニバン「エクシーガクロスオーバー」として生まれ変わりました。ボディやプラットフォーム、パワートレインなど基本コンポーネンツをエクシーガからそのまま流用しながら、内外装の仕様変更によりクロスオーバーモデルらしい雰囲気が備わったモデルになります。

SUVテイストを付加したエクステリア

スタイリングは、基本的なプロポーションはエクシーガと共通ながら、前後バンパーやホイールアーチ、サイドシルに新設されたクラッディング(プロテクター)をはじめ、専用フロントグリルや専用デザインの17インチアルミホイールによりSUVテイストが付加されています。ボディサイズは全長4,780mm×全幅1,800mm×全高1,670mmで、エクシーガからそれぞれ40mm×25mm×10mm拡大されています。

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

全高の10mmアップは最低地上高が高められた結果で、ホイールベースは2,750mmで同一となっています。乗車定員はエクシーガ同様の7人乗りで、車両重量は若干増加し、同一仕様同士の比較で50kg重い1,620kgとなっています。サスペンションは、エクシーガから踏襲する前:ストラット式/後:ダブルウィッシュボーン式を専用チューニングしたものが採用されています。

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

エンジンは2.5L NAに一本化

駆動方式はエクシーガ同様で、スバル独自の「シンメトリカルAWD」と呼ばれるフルタイム4WDが採用されます。エンジンは2Lフラット4ターボが廃止され、2.5Lフラット4 NAに一本化されています。搭載されるFB25型エンジンは、「レガシィB4」に搭載される改良型ではなくエクシーガと同様の旧型で、スペックも最高出力173ps/5,600rpm・最大トルク24kgm/4,100rpmで同一となっています。

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

トランスミッションはエクシーガ同様のCVT「リニアトロニック」を踏襲し、JC08モード燃費も同一の13.2km/Lとなっています。一方インテリアは、基本的なデザインに変更はないものの、タン色のレザーを用いたシートやステアリングの採用や、金属調及びピアノブラック調の加飾により雰囲気を一新しています。グレード体系はエクシーガ時代から大幅に整理され、「2.5i EyeSight」のみのモノグレードとなります。

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

スバル エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight 2015 (出典:subaru.jp)

装備面では、グレード名の通りステレオカメラによる安全運転支援システム「EyeSight(ver.2)」が装備される他、SRSサイドエアバッグやサードシート対応カーテンエアバッグなどの充実した安全装備が備わります。その他にも、運転席&助手席8ウェイパワーシートやシートヒーター、後席用ベンチレーション「スカイ空調」などの快適装備が標準装備されます。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます