アウトビアンキ A112アバルト (1973-1985):さそりの心臓を持つコンパクトなホットハッチ

かつてイタリアに存在していた自動車ブランド、アウトビアンキは、フィアット傘下にあった1973年にホットハッチ「A112アバルト」をリリースしました。1969年に発売された小型ハッチバック車「A112」をベースに、文字通りアバルトの手によりチューニングが加えられたモデルで、小排気量ながらも上級モデルに匹敵する走行性能を誇りました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

初期型は最高速度150km/hの性能

ボディタイプは標準モデル同様3ドアハッチバックのみの設定で、スタイリングもディテールは一部異なっていたものの、直線基調のスクエアなフォルムや丸型2灯式ヘッドランプ採用のフロントマスクなど、基本的には標準モデルと共通でした。ボディ・ディメンションは全長3,230mm×全幅1,480mm×全高1,340mm、ホイールベース2,038mmで、全高が標準モデルより20mmローダウンされていました。

また、車両重量は標準モデルとほぼ同等の660kgに抑えられていました。駆動方式は通称「ジアコーザ・レイアウト」と呼ばれる横置きFFで、エンジンは標準モデルの903cc直4OHV(最高出力42ps/最大トルク7kgm)に代わり、982cc直4OHVウェーバー・シングルキャブレター仕様(最高出力59ps/6,600rpm・最大トルク7.4kgm/3,800rpm)が搭載されました。

トランスミッションは4速MTが組み合わせられ、最高速度150km/h・0-400m加速19.4sの性能を発揮しました。サスペンション形式は、標準モデル同様のフロント:マクファーソンストラット/コイル式・リア:横置きリーフ・リジッド式が踏襲されました。また、ブレーキはフロントにディスク式、リアにドラム式が採用されました。

ステアリング形式はロック・トゥ・ロック3.4回転のラック&ピニオン式で、標準モデル同様ターニングサークル8.9mの小回り性能を持っていました。タイヤサイズも標準モデルと共通で、135SR13サイズの細いラジアルタイプが装着されていました。室内は、水平基調のインパネに長方形のメータークラスターが備わり、ステアリングは2本スポーク式が装着されていました。

排気量アップで性能が向上

その後1975年に、エンジンの排気量が1,050ccに拡大されました。従来よりも大幅に高められた圧縮比と1基のウェーバーキャブレターによるアウトプットは、最高出力71ps/6,600rpm・最大トルク8.7kgm/4,200rpmまで向上していました。車両重量は700kgに増加したものの、4速MTとの組み合わせによる最高速度は160km/hに達しました。

さらに翌1976年には、トランスミッションが5速MTに変更されました。次いで1981年、カロッツェリア・ピニンファリーナの手によりフェイスリフトが実施されました。そして1985年、標準モデルともども生産終了となりました。アバルトA112はマニアの間で人気を集め、日本市場でもジャクスの手により輸入が行われました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

アバルト
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ