アバルト 124スパイダー (2016-):マツダ・ロードスターとプラットフォームを共有

フィアット・クライスラー・ジャパンは2016年8月、新型2シーターオープンスポーツカー「アバルト124スパイダー」を同年10月に日本国内で発売すると発表しました。「マツダ・ロードスター」とプラットフォームを共有する姉妹車種の関係にあり、生産も広島のマツダ本社工場で行われる一方、エクステリアやエンジンはフィアット社のオリジナルが採用されます。

ロードスターより大きく重いボディ

ロードスターと同様に手動ソフトトップが備わるボディは、それとは異なるフロントマスクとリア廻りの意匠が与えられます。ボディサイズは全長4,060mm×全幅1,740mm×全高1,240mm、ホイールベースは2,310mmで、ロードスターと比較するとホイールベースは同一ながら、ボディサイズがそれぞれ145mm×5mm×5mm大きいディメンションとなっています。

又、車両重量はロードスターの990~1,060kgよりも重い1,130~1,150kgとなります。サスペンション形式は、ロードスターと共通のフロント:ダブルウィッシュボーン式/リア:マルチリンク式が採用される他、ビルシュタイン製ダンパーや機械式LSDが装着されます。又、ブレーキはブレンボ製の4輪ディスク式(フロントはベンチレーテッド型)が装備されます。

動力性能はロードスターを凌駕

駆動方式は勿論FRで、前後重量配分50:50の数値もロードスターと共通となっています。エンジンは、国内仕様ロードスターが1.5L直4DOHC NA(最高出力131ps/7,000rpm・最大トルク15.3kgm/4,800rpm)を搭載するのに対し、124スパイダーでは「アバルト500/595/695」などにも採用される1.4L直4DOHCターボ(最高出力170ps/5,500rpm・最大トルク25.5kgm/2,500rpm)が搭載されます。

トランスミッションはロードスター同様、6速MTと6速トルコン式ATが設定され、最高速度・0-100km/h加速タイムはそれぞれ232km/h・6.8s、229km/h・6.9sとなっています。この数値は、ロードスターMT仕様の204km/h・8.3sを大幅に凌ぐものとなっています。又、タイヤはこの動力性能に対応する為、ロードスターよりワイドかつ大径の205/45R17が装着されます。

一方、JC08モード燃費はMT仕様が13.8km/L、AT仕様が12km/Lで、ロードスターがそれぞれ18.6km/L、17.2km/Lであるのに対し劣る数値となっています。又、インテリアは基本的にロードスターと共通のデザインで、ディテールが異なるのみとなっています。安全装備面もロードスターと共通で、SRSデュアル&サイドエアバッグシステムやEBD&ブレーキアシスト付ABSが備わります。

一方、同じく標準で装備される横滑り防止装置はロードスターが「DSC」の名称であるのに対し、アバルト124スパイダーでは「ESC」の名称となっています。その他の装備面では、ロードスターには備わらないフロント/リアフォグランプやリアスポイラーが標準装備されます。価格はMT仕様が388.8万円、AT仕様が399.6万円で、ロードスターが250~320万円程であるのに対し相応に高価となっています。

スポーツカーを購入検討中なら、こちらもチェック!

マツダ ロードスター/RF 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロードスター/ロードスターRFの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど...
ホンダS660 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
S660の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ S660の新車...
コペン値引き2020年9月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ コペン セロ/ローブ/XPLAYの値引き/納期/実燃費レポート (2020年9月3日更新) 200...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

アバルト 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ