フォード サンダーバード (9代目 1983-1988):エアロダイナミクスを追求したボディを採用

フォード サンダーバード (9代目 1983)

初代モデルが1954年にデビューしたフォード・モーターの高級スペシャリティカー「サンダーバード」は、1983年に3年ぶり8度目のフルモデルチェンジを受け、通称「エアロ・バーズ」と呼ばれる9代目モデルに移行しました。従来のボクシーなフォルムを捨て、エアロダイナミクスを追求したエクステリア・デザインが採用された事が最大の特徴でした。

ボディをダウンサイジング

フォード サンダーバード (9代目 1983)

プラットフォームは先代から「FOXプラットフォーム」がキャリオーバーされ、ボディタイプも同様に2ドアクーペのみが用意されました。ボディサイズは全長5,019mm×全幅1,803mm×全高1,351mmで、全高を除き先代からダウンサイジングされました。また、ホイールベースも100mm以上短縮され2,641mmとなりました。

フォード サンダーバード (9代目 1983)

駆動方式はFRを踏襲、エンジンは3.8L V6OHV NA(最高出力110hp)が標準で、オプションで5L V8OHV NA(最高出力130hp)が用意されました。トランスミッションは、3速トルコン式ATが組み合わせられました。サスペンション形式は、先代同様のフロント:ストラット式/リア:4リンク式が踏襲され、ステアリング形式も同様にラック&ピニオン式が採用されました。

歴代初のターボ車を追加

グレード体系は、当初はベースグレードと上級グレード「ヘリテイジ」のラインナップでした。追って同年4月、歴代モデル初のターボモデルとして、2.3L直4SOHC電子燃料噴射ターボエンジン(最高出力142hp)+5速MTまたはOD付4速トルコン式ATを搭載し、リミテッドスリップデフが装備される「ターボ・クーペ」が追加されました。

フォード サンダーバード (9代目 1987)

その後、1984年モデルでヘリテイジに代わるグレード「エラン」が設定され、1985年モデルではインテリアに変更が加えられました。さらに、1986年モデルからハイマウント・ストップランプが標準化されました。次いで1987年モデルではフロントグリルやヘッドランプの意匠が一新されるとともに、リアクォーターウィンドウの面積が拡大されました。

フォード サンダーバード (9代目 1987)

同時にグレード体系も見直され、エランに代わり「LX」と「スポーツ」が設定されました。さらに、ターボ・クーペにはグリルレスの専用フロントマスクが与えられるとともに、エンジンの最高出力がMT仕様は190hpに、AT仕様は150hpに高められました。MT仕様は、最高速度222km/h・0-60mph加速7.5sの性能を発揮しました。

続いて翌1988年にターボ・クーペが廃止され、代わって3.8L V6OHVスーパーチャージドエンジン(最高出力210hp)を搭載し、最高速度225km/h・0-60mph加速7.4sの性能を持つ「スーパー・クーペ」がリリースされました。そして1989年にフルモデルチェンジが実施され、通称「スーパー・バーズ」と呼ばれる10代目モデルに移行しました。

先代モデル:8代目サンダーバード

フォード サンダーバード (8代目 1980-1982):更にボディサイズとエンジンをダウンサイジング
初代モデルが1954年にデビューしたフォード・モーターの高級スペシャリティカー「サンダーバード」は、1980年に...

後継モデル:10代目サンダーバード

フォード サンダーバード (10代目 1989-1997):歴代モデル初の4輪独立懸架サスペンションを採用
初代モデルが1954年にデビューしたフォード・モーターの高級スペシャリティカー「サンダーバード」は、1989年に...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

サンダーバード 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず