三菱 パジェロ (初代 1982-1991):ジープに次ぐ同社のクロカンSUV第2弾として登場 [L04♯/GW14♯]

三菱 パジェロ Metal Top (初代 1982)

三菱自動車は1982年5月に、新型クロスカントリー型SUV「パジェロ」を発売しました。ピックアップトラック「フォルテ4WD」のラダーフレーム型シャシーに2ボックスのバン/ワゴン型ボディを架装したモデルで、同車のSUVとしては1952年にノックダウン生産が開始された「ジープ」に次ぐ第2弾となりました。

まず3ドアのショートボディでスタート

三菱 パジェロ Canvas Top (初代 1982)

ボディタイプは、当初は4ナンバー登録の3ドアメタルトップとキャバストップがラインナップされました。直線基調のボクシーなフォルムを持つボディは全長3,995mm×全幅1,680mm×全高1,850mm、ホイールベース2,395mmのディメンションで、ジープの同一タイプよりも全長が50cm以上、ホイールベースは30cm以上長く設定されていました。

三菱 パジェロ Metal Top (初代 1982)

サスペンション形式は、当初全車にフォルテ同様のフロント:ダブルウィッシュボーン/トーションバー式・リア:リーフ・リジッド式が採用され、駆動方式は全車パートタイム4WD方式でした。フロント・ミッドシップにマウントされるエンジンは、当初2.3L直4SOHCディーゼルの4D55型(NA:最高出力75ps・ターボ:最高出力95ps)と、2L直4SOHCガソリンのG63B型(最高出力110ps)が用意されました。

5ドアのロングボディを追加

三菱 パジェロ Wagon (初代 1983)

トランスミッションは、全車副変速機付きの5速MTとの組み合わせでした。そして1983年3月に、5ナンバー乗用規格のメタルトップワゴンが追加されました。更に同年7月には、ホイールベースを300mm延長したシャシーに全長を655mm、全高を40mm拡大した5ドアメタルトップボディを架装した5ナンバーのエステートワゴン及び4ナンバーのエステートバンが追加されました。

三菱 パジェロ Wagon (初代 1983)

次いで1984年6月のマイナーチェンジにより、フェイスリフトの実施やディーゼルターボエンジンの性能向上などが図られた他、ワゴンに可変ショックアブソーバーや4輪ディスクブレーキが採用されました。続いて1985年4月に4速トルコン式ATが設定され、翌5月には4ドア・ミッドルーフボディが追加されると共に、ディーゼルターボエンジンが2.5L直4SOHCの4D56型(最高出力85ps)に置換されました。

三菱 パジェロ High Roof (初代 1983)

次いで1987年のマイナーチェンジで、インパネのデザイン変更などが実施されました。続いて翌1988年には3L V6SOHCガソリンの6G72型エンジン(最高出力150ps)搭載車が追加されると共に、4D56型エンジンがインタークーラー付きとなり最高出力が94psに向上しました。同時に、ワゴン系のリアサスペンションが3リンク・コイル式に変更されました。

次いで1989年にオーバーフェンダーとワイドタイヤを装着する「ワイドシリーズ」が追加されると共に、ガソリンエンジンが6G72型に一本化されました。そして1991年1月にフルモデルチェンジが実施され、2代目モデルに移行しました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

パジェロ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ