ホンダ フリード Modulo Xがマイナーチェンジ

FREED Modulo X Honda SENSING(プラチナホワイト・パール)

ホンダは、専用のカスタマイズパーツを量産工程で装着し、販売するコンプリートカーブランド「Modulo X(モデューロ エックス)」シリーズの「FREED Modulo X(フリード モデューロ エックス)」をマイナーチェンジし、2020年5月29日に発売する。

今回のマイナーチェンジは、熟練のエンジニアによる人の感覚を大切にした開発をさらに追求。上質でスポーティーな走りをさらに深化させた。

エクステリアでは、新設計の専用フロントエアロバンパーや専用フロントグリル、専用LEDフォグライトを装備。

インテリアでは、シート表皮をプライムスムース×スエード調のコンビシートにすることで質感の向上とともに体の滑りを抑制。ブラック基調のインテリアカラーと合わせて特別感を演出している。

また“実効空力デバイス”である3つのエアロフィンを設けることで、走行性能の向上を追求した。

FREED Modulo Xの主要装備

エクステリア

  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントエアロバンパー

FREED Modulo X 専用フロントグリル&専用フロントエアロバンパー

  • 専用サスペンション

FREED Modulo X 専用サスペンション

  • 専用15インチアルミホイール

FREED Modulo X 専用15インチアルミホイール

  • 専用サイドロアースカート
  • 専用リアロアースカート

FREED Modulo X 専用リアロアースカート

  • 専用LEDフォグライト
  • 専用フロントビームライト

FREED Modulo X 専用LEDフォグライト&専用フロントビームライト

  • 専用リアエンブレム(Modulo X)
  • 専用ドアミラー(クリスタルブラック・パール)など

インテリア

FREED Modulo X Honda SENSING インパネ

  • 専用ブラック コンビシート
    (プライムスムース×スエード調/Modulo Xロゴ入り)
  • 専用本革巻ステアリングホイール
    (ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
  • 専用フロアカーペットマット
    (プレミアムタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)など

9インチ プレミアム インターナビ装着車

FREED Modulo X 9インチ プレミアム インターナビ VXM-207VFN(i Gathers)(専用オープニング画面)

  • VXM-207VFNi(Gathers)(専用オープニング画面)+ドライブレコーダー(フロント用)DRH-204VD(32GBキット)

ボディーカラー(全4色)

プラチナホワイト・パール※1

FREED Modulo X Honda SENSING(プラチナホワイト・パール)

ミッドナイトブルービーム・メタリック※1

FREED Modulo X Honda SENSING(ミッドナイトブルービーム・メタリック)

プレミアムクリスタルレッド・メタリック※2

FREED Modulo X Honda SENSING(プレミアムクリスタルレッド・メタリック)

クリスタルブラック・パール

FREED Modulo X Honda SENSING(クリスタルブラック・パール)

※1 33,000円(消費税10%抜き30,000円)高
※2 55,000円(消費税10%抜き50,000円)高

インテリアカラー

ブラック

FREED Modulo X Honda SENSING シート

フリード モデューロXの価格

タイプ エンジン トランスミッション 駆動 乗車定員 消費税10%込み
Modulo X
Honda SENSING
1.5L 直噴
DOHC
i-VTEC
CVT FF 6人乗り 2,950,200円
7人乗り 2,972,200円
HYBRID Modulo X
Honda SENSING
1.5L
アトキンソン
DOHC i-VTEC

i-DCD
7速DCT FF 6人乗り 3,256,000円
7人乗り 3,278,000円

ホンダ フリードの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フリード
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ