レクサス RXのマイナーチェンジモデル公開 発売は2019年8月

レクサス RX (海外仕様)

LEXUSは2019年05月30日、マイナーチェンジした「RX」を世界初公開した。
RXは、グローバルに展開するLEXUSブランドの中核モデルとなっている。新型RXの日本での発売は、2019年7月下旬の予定となっており、販売価格については公開されていない。

レクサス RXマイナーチェンジモデルの主な特長

サイドビュー

レクサス RX (海外仕様)

フロントバンパーからドアサイドまで連続性を持たせたキャラクターラインとし、サイドのドア下のロッカー形状からフロントグリル下端までがひと繋がりに抜けていくような造形のバンパー下端部でグリルを支えるような印象を付与。

リヤビュー

レクサス RX (海外仕様)

リヤバンパーサイドからバンパーの下側に繋がるラインと、リヤピラー下端のウィンドウグラフィックを合わせて車両後方へ抜ける造形とし、エレガントな印象に。バンパー下端のマフラー、アンダーガードなどの部品を水平基調の意匠とし、ワイド感を強調している。

リヤコンビネーションランプ:L字を4つ重ねたモチーフを配置

リヤコンビネーションランプは、上部にL字を4つ重ねたモチーフを配置し、下部はそのモチーフを反転させた造形とし、LEXUSのアイデンティティを強調。

スピンドルグリル:L字モチーフのブロックメッシュパターン

レクサス RX (海外仕様)

スピンドルグリルにはL字モチーフのブロックメッシュパターンを採用。メッシュグリルに抑揚をつけ、中心部に向けて押し出しのある立体造形としてバンパーサイドとの一体感を表現。グリルのフレームをバンパーサイドからの流れに呼応する形状とし、サイドから見ても一体感のあるデザインとしている。

ヘッドランプ:ユニット形状を小型化

ヘッドランプはユニットの形状を従来型より小型化することでシャープな印象を持たせている。

インテリア:ナビゲーションのタッチディスプレイ化

インテリアは、ナビゲーションのタッチディスプレイ化やUSBソケットの増設、スマートフォン収納箇所の追加、タッチパッド式のリモートタッチを採用するなど利便性高めた。

シート:3列目シートを改良

レクサス RX (海外仕様)

3列シート車の3列目シートを改良し、2種類のシートポジションを設定。足元の空間を広げたポジションと、ラゲージスペースを重視したポジションをシーンに合わせて選択可能となった。また、3列シート車の2列目シートにキャプテンシートの設定が追加される。

乗心地と操縦安定性

スポット溶接の打点を増加、構造用接着剤の接着長も拡大させ、ボディ剛性を向上。ハブベアリングの剛性をアップ、スタビライザーバーの剛性アップ、アクティブコーナリングアシスト(ACA)の採用、EPSのチューニングなどの改良が加えられている。

ブレードスキャン式AHSやLexus Safety System +などの先進技術

レクサス RX (ブレードスキャン式AHS)

新型RXでは、さらなる安全性を追求し、世界初のブレードスキャン式AHSを搭載。光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射。ブレードミラーに反射した光が、レンズを介して高速移動しながら前方を照らす新機構のAHSとなっている。

ブレードミラーの回転に同期させて、LEDの光を適切なタイミングで点灯・消灯することで、配光を細かく制御することがでる。これにより、従来のAHSよりハイビームの照射範囲を広げることができ、対向車や先行車を眩惑することなく早く歩行者や標識を認識することがでる。

マルチメディアシステム

レクサス RX (タッチディスプレイ)

新たにタッチディスプレイを採用するとともに、スマートフォン連動機能に対応。Apple CarPlay、Android Auto、Baidu CarLifeなどのアプリケーションを音声で操作することが可能となる。

Lexus Safety System +

予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の機能をさらに進化。従来の「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、交通事故や事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指している。

 

レクサス RXの購入を検討中なら、こちらもチェック!

レクサス 新型RX200t/450h値引き2019年8月-納期/実燃費/価格の評価
レクサス 新型RX200t/450hの値引き/納期/実燃費レポート (2019年8月1日更新) レクサスの高...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

レクサスレクサスRX
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車