トヨタ コロナ ハードトップ (7代目 1982-1985):短命に終わったコロナ最後の2ドアハードトップ [T14#]

トヨタ コロナ・ハードトップ 1800 GT-TR 1983

トヨタ自動車は1982年1月、主力小型車「コロナ」に6度目のフルモデルチェンジを実施し、通算7代目となるT14♯型に移行させました。従来同様セダンやバンの他に、イメージリーダーとなる2ドアハードトップが設定されました。次期モデルがセンターピラー付の2ドアクーペとなった為、結果的にコロナとして最後のセンターピラーレス・ハードトップ車となりました。

プラットフォームをセリカ/カリーナと共有

プラットフォームは、先代までは専用開発されたものを使用していたのに対し、この代から「セリカ」「カリーナ」と共通化されました。スタイリングは3代目A60型セリカを彷彿とさせるシャープなボディラインや、フォグランプ一体型ヘッドランプ、サイドまで廻り込んだラップラウンド・リアウィンドウの採用などにより、先代からイメージが一新されました。

ボディサイズは全長4,495~4,570mm×全幅1,660mm×全高1,325mmで、先代よりも全高が低いスポーティなディメンションに変化しました。サスペンション形式は、フロントはストラット式が踏襲された一方、リアは先代の4リンク・リジッド式からセミトレーリングアーム独立懸架式に改められました。駆動方式は先代同様FRで、結果としてコロナ最後のFRモデルとなりました。

コロナハードトップ1800GT-TRのCM

1982 TOYOTA CORONA Ad 1

コロナハードトップ200GTの動画

RT141 コロナハードトップ

エレクトロニック・ディスプレイメーターが設定

エンジンは当初、1.8L直4SOHC8バルブNAの1S-U型(最高出力100ps/最大トルク15.5kgm)、1.8L直4OHV8バルブNAの3T-EU型(最高出力105ps/最大トルク16.5kgm)、2L直4DOHC8バルブNAの18R-GEU型(最高出力135ps/最大トルク17.5kgm)が用意されました。

一方インテリアは、エクステリア同様直線基調のインパネが備わる他、当時の流行であったエレクトロニック・ディスプレイメーターが設定されました。

そして同年10月、2000GTに代わり、1.8L直4DOHC8バルブターボの3T-GTEU型「レーザーツインカムターボ」エンジン(最高出力160ps/最大トルク21kgm)を搭載する「1800GT-T」「1800GT-TR」が設定されました。装備面では、1800GT-TRには15インチアルミホイール+205/60R15タイヤ、パワーステアリング、7ウェイ・スポーツシート、リアウィンドウワイパーなどが標準装備されました。

そして翌1983年10月に実施されたマイナーチェンジの際に、1.6L直4DOHC16バルブNAの4A-GEU型「レーザーα16バルブ」(最高出力130ps/最大トルク15.2kgm)を搭載した1600GTが登場、1800GT-TRと同等の装備内容が備わるセットオプション「スポーツ7仕様」が設定されました。

そして1985年10月、FF方式を採用した後継モデル「コロナクーペ」のデビューに伴い生産を終了、販売期間3年8か月という短命モデルとなりました。

トヨタのスポーツモデル購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

トヨタその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず