シェルビー マスタング (3代目 2015-):7代目マスタングがベースとなり4気筒ターボも用意

シェルビー GT (3代目シェルビー マスタング 2015-2017)

2005年に36年ぶりに復活を遂げた「フォード・マスタング」の高性能バージョン、通称「シェルビー・マスタング」は、2015年にベースモデルのフルモデルチェンジにともない現行第3世代モデルに移行しました。リアサスペンションがそれまでのリジッド・アクスル式から独立懸架式に改められたほか、初の4気筒ターボエンジン搭載車も設定されました。

新車購入ガイド:【2022最新】フェアレディZの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

エクステリアでも差別化

シェルビー GT (3代目シェルビー マスタング 2015-2017)

ベースモデルは「フォード・マスタングGT」で、シェルビー・アメリカン社の手によりエンジンや足回り、内外装などに手が加えられ、生産も同社により行われました。初期モデルは3タイプが用意され、正式な車名はそれぞれ「シェルビー・GTエコブースト」「シェルビー・GT」「シェルビー・スーパースネーク」でした。

シェルビー GT (3代目シェルビー マスタング 2015-2017)

ボディタイプは、マスタング同様2ドアクーペと2ドアコンバーチブルがラインナップされました。エクステリア面では、ボディシェルはマスタングと共通であったものの、専用ストライプやスプリッター、専用ボンネットフード、リアスポイラー、リアディフューザーなどの採用により差別化が図られました。

シェルビー Super Snake (3代目シェルビー マスタング 2015-2016)

ボディ・サイズは全長4,798mm×全幅1,928mm×全高1,377mmで、先代との比較では長く広く、そして低いディメンションとなりました。一方、ホイールベースは従来と同一の2,720mmでした。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンはGTエコブーストには2.3L直4DOHCターボの「エコブースト」が、GTとスーパースネークには5L V8SOHCスーパーチャージドの「コヨーテ」が搭載されました。

新車購入ガイド:【2022最新】GR86の値引き 納期 乗り出し価格

新たなバリエーションをリリース

シェルビー Super Snake “50th Anniversary” (3代目シェルビー マスタング 2017)

これらのうち、スーパースネークは659psの最高出力を誇りました。組合せられるトランスミッションは、6速MTまたは6速トルコン式ATでした。サスペンション形式は、フロントは先代同様のマクファーソンストラット式が踏襲された一方、リアはマルチリンク式に変更されました。そして翌2016年に、4つの新しいバージョンがリリースされました。

シェルビー GT350R (3代目シェルビー マスタング 2019)

ひとつは、引き続きシェルビー・アメリカンが手掛ける「シェルビー・ターリングア」、あとの3つはフォード・モーターが手掛ける「フォード・シェルビーGT350」、「フォード・シェルビーGT350R」、「フォード・シェルビーGT-H」でした。これらのうち、ターリングアには最高出力760ps以上を発生する5L V8エンジンが搭載されました。

シェルビー GT350R (3代目シェルビー マスタング 2019)

一方、GT350/GT350Rに搭載されるエンジンは5.2L V8DOHC NAの「ブードゥー」で、最高出力は533psでした。この2モデルのうち、後者は前者のハイパフォーマンス版と位置付けられ、トルセンLSDが装備された一方で、軽量化のためリアシートやカーペットなどが撤去されるとともに、エアコンやスペアタイヤなども廃止されました。また、GT-HはマスタングGT用の5L V8エンジン(最高出力441ps)を搭載するモデルでした。

新車購入ガイド:【2022最新】GRスープラの値引き 納期

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

その他メーカー時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ