ホンダ オデッセイアブソルートEX:ハンコ持って「今日決めます」で発売間もなく50万円値引き

ホンダ オデッセイ アブソルート '15 (出典:honda.co.jp)

ホンダ オデッセイ アブソルート ’15 (出典:honda.co.jp)

 

オデッセイ・アブソルートEXを購入

これまで、殆ど中古車を乗り継いできた自分が、あろうことか5日で2台も新車を買ってしまいました。消費税増税ムード恐るべしです(笑)

メインカーとして決めたのは「オデッセイ・アブソルートEX 黒」です。ディーラーオプションは無し。えぇ。サンバイザーもフロアマットも「ナシ」です。サンバイザー、フロアマットの場合、たいがいは付いているんですが新車の場合はオプションなんですよね。そして「高い」。高すぎる。オデッセイの場合、フロアマットは良い方のは7万円します。せっかくなので、社外品に挑戦してみようと思いました。

ハンコ持って「条件良ければ今日決めます」攻撃

「今日決めます」作戦をしました。候補者としてエルグランドの新古車を考えていました。具体的にエルグランドの購入イメージを決めていたので、今日いい条件が出なかったら、明日エルグランドをオーダーします。という感じで攻めました。(ブラフではなく、実際そう考えていた)

結果、発表間もない新型車、かつ増税前駆け込みのお祭り状態にも関わらず、下取り含めて有り得ない位の好条件で契約する事が出来ました。ディーラーオプション一切なしで50万円ほどの値引きでした。

オデッセイと日産エルグランドを比べて

かなりエルグランドに惹かれていた一方、オデッセイは正直な所、強い魅力を感じていませんでした。でも、さすがに発売されて間もない新型車。最新の装備が盛りだくさんな所に惹かれました。エマージェンシーブレーキや直噴エンジン、スマホ対応ナビなどなど。

一番の魅力は低床パッケージでした。これまで乗っていたアルファードは暴力的ともいえる広い空間が良かったですが、重心が高く、バスに乗っているようなユサユサ感に辟易していました。次買うのは絶対に低重心ミニバンにしようと決めていたので、そこに一番ハマるのはオデッセイでした。

あと、燃費面。中古ばっか乗って来たので、最新の低燃費仕様の車はどんなもんか、体感したいなという思いが強かったです。ホントにリッター10キロ以上走るの??って。アルファード(初期型2.4L 速AT)は、横浜→広島までの900キロ走行でリッター10キロ行かなかったのでなおさらです。

納期は約3週間

納期が短かった事も決定要因の1つです。何せ、もう一台購入したフレアクロスオーバーは3か月以上待つので、メインのクルマまで納車待ちになるとクルマ無し生活になってしまいます。候補としてヴォクシーハイブリッドも検討していたものの、納期問題で早々に消えてしまいました。

オデッセイの購入を検討中なら、こちらもチェック!

オデッセイの買取り・下取り査定相場を知りたいなら

ホンダ オデッセイ/アブソルート買取り/下取り査定価格の相場-2017年版
ホンダ オデッセイ/アブソルートの正確な買取り査定価格をすぐ知りたいなら オデッセイの買取り価格を知りたい...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

オデッセイ車の買替え/査定/売却
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ