レクサス LX (3代目 URJ200 2007-):国内向けとしてデビューを果たしたプレミアムSUV

シェアする

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

レクサスのプレミアムSUV「LX」は、1996年にトヨタブランドの「ランドクルーザー」をベースとした輸出専用モデルとしてデビューしました。そして2007年にフルモデルチェンジを行い3代目となった現行モデルが、2015年に行われた2度目のマイナーチェンジを機会にこの8月から日本での販売が開始されました。ランドクルーザーにはない様々な装備が備わる点が特徴となっています。

ランドクルーザーよりも大きいボディ

スタイリングは、基本的にランドクルーザーと共通のボディである為、他のレクサス製SUVとは異なるボクシーな形状となっています。しかしながら、レクサス車のアイデンティティーであるスピンドルグリルの採用により、同ブランドの一員である事が一目で分かるものとなっています。ボディサイズは全長5,065mm×全幅1,980mm×全高1,910mmで、ランドクルーザーよりもそれぞれ115mm×10mm×30mm拡大されています。

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

ラダーフレームのシャシーをランドクルーザーと共有する為、ホイールベースは同一の2,850mmで、車両重量はランドクルーザーの最上級グレードと比較してもやや重い2,720kgとなっています。乗車定員は、3列シート8人乗り仕様のみが設定されます。サスペンションも、基本的にランドクルーザーと共通の前:ダブルウィッシュボーン式/後:トレーリングリンク式を採用します。

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

一方で、可変減衰力ダンパー機構の「4-Wheel AHC&AVS」が装備される点がランドクルーザーとの相違点となります。駆動方式はフルタイム4WDで、搭載されるパワートレインは5.7L V8の3UR-FE型エンジン(最高出力377ps/5,600rpm・最大トルク54.5kgm/3,200rpm)と8速トルコン式ATの組み合わせを採用、4.6L V8エンジンと6速ATの組み合わせとなるランドクルーザーよりもスペックアップしています。

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス車ならではの装備を満載

インテリア面では、車両の姿勢を把握し易いよう水平基調のインパネが採用される他、セミアリニン本革シートが備わるなどレクサスブランドならではの豪華な仕様となっています。走行性能に係る装備では、ギア比可変ステアリング「VGRS」や、制御項目ごとに任意の設定が可能な「CUSTMIZE」モードが備わる走行モード切替システム「ドライブモードセレクト」が装備されます。

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

又、下り坂でブレーキ操作なしで一定の速度を維持出来る「クロールコントロール」や、同機能に付随する回頭性を高める為の「ターンアシスト機能」、路面状況に応じてトラクションやブレーキの制御を切り替える「マルチテレインセレクト」といったSUVならではの機能も備わります。快適装備面では、4席独立温度調整オートエアコンやヒーター&ベンチレーション付シートなどが標準装備されます。

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

レクサス LX 2015 (出典:lexus.jp)

そして安全装備も充実しており、衝突被害軽減ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム」や車線逸脱警告システム「レーンディパーチャーアラート」などから成る安全運転支援システム「Lexus Safety System+」や、車線変更をアシストする「ブラインドスポットモニター」、後退時に左右から接近する車両を感知・警告する「リアクロストラフィックアラート」などが装備されます。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます