いすゞ アスカ (初代 1983-1989):フローリアン後継のオーソドックスなFFセダン [JJ110/120/510]

いすゞ アスカ 1983

いすゞ アスカ 1983

いすゞの中型セダン「アスカ」の初代モデルは、1982年に生産終了となった「フローリアン」の後継モデルとして1983年2月に発売が開始されました。完全オリジナル設計であったフローリアンと異なり、当時のいすゞはGM傘下に入っていた為、GMのグローバルカー構想の元で設計が行われました。コンベンショナルな構成を持つセダンながら、刮目すべき機構も導入されました。

シンプルな内外装デザイン

スタイリングは、直線を基調としたシンプルな造形で、個性の強かったフローリアンとは異なり万人受けを狙ったコンサバティブなものでした。又、4ドアセダンのみの設定で、ステーションワゴンなどをラインナップしないシンプルなバリエーション体系でした。ボディサイズは全長4,440mm×全幅1,670mm×全高1,375mm、ホイールベースは2,580mmで、このクラスのセダンとして標準的なディメンションでした。

いすゞアスカのCM(1983)

1983 ISUZU ASKA Ad

インテリアは、エクステリア同様に直線的かつすっきりとしたデザインのインパネを持つ他、最上級グレードには当時流行していたデジタル式メーターが採用されました。サスペンション形式は、前:マクファーソンストラット式/後:トーションビーム+トレーリングアーム式で、駆動方式は当時の世界的潮流に則り、いすゞの乗用車としては初めてFFが採用されました。

エンジンはディーゼルを含め多種類を設定

エンジンは、ガソリンの他いすゞが得意としていたディーゼルも設定されました。ラインナップは、ガソリンが1.8L直4キャブレター仕様(最高出力105ps)、2L直4キャブレター仕様(最高出力110ps)、同エレクトロキャブ(電子制御キャブレター)仕様(最高出力115ps)、同ECGI(電子燃料噴射)ターボ仕様(最高出力150ps)の4種類で、ディーゼルは2L直4(最高出力66ps)の1種類でした。

いすゞアスカのCM (NAVi5)

いすゞ アスカ NAVI5

トランスミッションは5速MTの他、ガソリンNA車には3速トルコン式ATも設定されました。そして同年8月、2L直4インタークーラーターボディーゼル車(最高出力89ps)が追加されました。次いで翌1984年1月に、ディーゼル車にもAT仕様を設定、更に同年8月には、ガソリン車に油圧アクチュエーターによりクラッチ操作を行ういすゞ独自の5速セミAT「NAVi5」搭載車が設定されました。

いすゞ アスカ イルムシャー 1985

いすゞ アスカ イルムシャー 1985

翌1985年2月にディーゼル車にもNAVi5搭載グレードが設定され、次いで同年8月にマイナーチェンジを実施しフェイスリフトを行いました。更に同年10月には、ガソリンターボ車をベースに西ドイツ(当時)のチューナー「イルムシャー」の手により走行性能のブラッシュアップを図ると共に、専用エアロパーツやレカロシートなどを装備したスポーティグレード「イルムシャー」が追加されました。

いすゞ アスカ イルムシャー 1985 (出典:wikipedia.org)

いすゞ アスカ イルムシャー 1985 (出典:wikipedia.org)

そして1989年3月、同社の乗用車自主生産撤退に伴い生産を終了し、「スバル・レガシィ」のOEMとなる2代目アスカ(アスカCX)にバトンタッチされました。初代アスカは、ガソリンターボ車の高性能やNAVi5が注目を集めたものの全体的には個性に乏しく、いすゞの販売ネットワークの弱さもあり商業的には成功しませんでした。

アスカ登場前のセダン:フローリアン

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

いすゞ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
びぃくるずをフォローする
びぃくるず