マセラティ 430 (1987-1994):ビトゥルボ425を後を継いだ小型高性能セダン

マセラティ 430 1989

マセラティは1987年に、主力小型車「ビトゥルボ」の4ドアセダン版として1983年に登場した「ビトゥルボ425」の後継モデルとなる、「430」をリリースしました。内外装の雰囲気や基本的なメカニズムはビトゥルボ425譲りであったものの、様々なリファインにより完成度の向上が図られていました。

フロントグリルの意匠を変更

スタイリングは直線基調のシャープな造形を踏襲するものの、角張ったデザインだったフロントグリルは丸みを帯びた形状に変更されました。ボディサイズは全長4,430mm×全幅1,730mm×全高1,360mm、ホイールベースは2,600mmで、ビトゥルボ425から全長が30mm拡大された以外は同一のスペックでした。一方車両重量は、220kg増加し1,400kgとなっていました。

マセラティ 430 4V 1991

サスペションは、フロント:マクファーソンストラット式/リア:セミトレーリングアーム式の形式を踏襲しつつ、新たにフロントサスペンションのステアリングラックとステアリングアームの間にS字型のロッドを挟む「メカニカ・アッティバ」を採用し、ステアリングレスポンスの改善と操舵力の低減が図られました。同時に、フロントにスタビライザーが追加されました。

マセラティ 430 4V 1991

又、4輪ディスク式のブレーキはフロントがベンチレーテッド型にアップグレードされ、リア・ディファレンシャルはそれまでのセンシトルクに代わり信頼性に優れた「レンジャー・デフ」が採用されました。その他、タイヤは195/60VR14から205/50VR15へと大径かつワイド&扁平化されたものが装着されました。

上級モデル用のエンジンに置換

駆動方式はビトゥルボ425と同様のFRを踏襲し、エンジンはそれまでの2.5L V6SOHCツインターボから、上級2ドアクーペ「228」に搭載されていた2.8L V6SOHCツインターボに置換されました。スペックは最高出力225ps/5,500rpm・最大トルク37kgm/3,500rpmで、最高出力で25ps、最大トルクで6kgmの向上を果たしました。

マセラティ 430 4V 1991

トランスミッションは従来同様の5速MTと、3速から4速へと多段化されたトルコン式ATが設定されました。MT仕様のパフォーマンスは最高速度233km/h・0-100km/h加速6sで、車両重量の大幅な増加にも関わらず最高速度は17km/hの向上を果たしました。一方インテリアは、ステアリングホイールやサイドブレーキレバーにウッドが採用されるなど、一段とゴージャスな雰囲気になっていました。

そして1991年に、DOHC&4バルブ化された2.8Lツインターボエンジン(最高出力279ps/5,500rpm・最大トルク43.9kgm/3,750rpm)を搭載し、最高速度255km/hの性能を実現した高性能版「430.4V」が追加されました。430シリーズの生産は1994年まで継続されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

マセラティ時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ