ホンダ シビックタイプR (初代 1997-2000):6代目シビックがベースのホットハッチ [EK9]

ホンダ シビック タイプR 1999

ホンダ技研工業は1997年8月、1995年のフルモデルチェンジにより6代目に移行したコンパクトカー「シビック」をベースに、エンジンの高性能化や車体の軽量化を図ると共に、専用の内外装が備わるホットハッチ「タイプR」をリリースしました。優れた動力性能や操縦安定性により、同時代の国産ホッチハッチを代表するモデルとなりました。

新車購入ガイド:【2023最新】フィットの値引き 納期 乗り出し価格

新車購入ガイド:【2023最新】シビックの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

エンジンの他ブレーキも強化

ボディタイプはベースモデル同様3ドアハッチバックで、スタリングも基本的に共通ながら、前後に備わるスポイラーがタイプRの証となっていました。ボディサイズは全長4,180mm×全幅1,695mm×全高1,360mmで、ベースモデルよりも全高が15mmローダウンされていました。ホイールベースは共通の2,620mmで、車両重量は1,050~1,070kgでした。

ホンダ シビック タイプR 1999

サスペンション形式は4輪ダブルウィッシュボーン式を踏襲する一方、タイプR専用のチューニングが施されました。駆動方式はベースモデル同様FFで、エンジンはそれまでのトップグレード「SiR」に搭載される1.6L直4DOHC NA VTEC仕様のB16A型をベースに、圧縮比アップやVTECのセッティング変更などのチューニングを加えたB16B型が採用されました。

ホンダ シビック タイプR 1999

スペックは最高出力185ps/8,200rpm・最大トルク16.3kgm/7,500rpmで、B16A型MT車用から15ps/0.3kgmのアウトプット向上を果たしていました。トランスミッションはSiRと異なり4速ATの設定はなく、5速MTのみが用意されました。又、SiRに引き続き採用された4輪ディスク式のブレーキは、フロントがベンチレーテッドタイプにアップグレードされました。

競技用ベース車も用意

装着されるタイヤは、SiRと共通の195/55R15サイズでした。グレードは標準車の他にレースベース車(後にモータースポーツベース車に名称を変更)が用意され、前者にはMOMO製本革巻きステアリングホイールやアルミホイールが装備されました。又、両グレード共に軽量化の為、エアコンやカーオーディオ、パワーウィンドウといった快適装備は省かれていました。

ホンダ シビック タイプR 1999

安全装備面では、標準車のみにSRSデュアルエアバッグシステムとABSが採用されました。ボディカラーは、ブラック系/ホワイト系/シルバー系の3色が用意されました。そして1999年12月、マニュアルエアコンやCDプレーヤー付オーディオ、パワーウィンドウ、専用カーボン調センターパネル、アルミパッドスポーツペダルなどが装備される上級グレード「タイプR・X」が追加されました。

そして2000年9月、シビックが7代目にフルモデルチェンジされた事に伴い、生産終了となりました。7代目シビックがベースの次期型タイプRが登場するのは、翌2001年12月の事でした。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

シビック時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ