マセラティ クアトロポルテⅡ (2代目 1974-1976):画期的なモデルとなるも量産化に至らず

シェアする

マセラティ クアトロポルテ Series2 1974

マセラティは1974年のトリノ・ショーで、1971年に生産終了となった「クアトロポルテ」以来の4ドア・プレミアムセダンとなる「クアトロポルテⅡ」を発表しました。クアトロポルテに対してはスタイリング路線の変更もさることながら、開発当時提携関係にあったシトロエンのグランツーリスモ「SM」のメカニズムが流用された事が大きな変更ポイントとなりました。

デザインはベルトーネが担当

エクステリア・デザインは、クアトロポルテがカロッツェリア・ピエトロ・フルアによるものであったのに対し、クアトロポルテⅡではベルトーネの手に委ねられました。それに伴い、曲線的なボディラインのクアトロポルテとは対照的な、直線基調のシャープなフォルムに変貌しました。ボディサイズは全長5,200mm×全幅1,870mm×全高1,400mmで、クアトロポルテから更に一回り拡大されました。

マセラティ クアトロポルテ Series2 1974

又、ホイールベースは基本的に共通のプラットフォームを持つシトロエン・SMよりも170mm長い3,070mmで、クアトロポルテからは300mm以上延長されました。こうしたボディ・ディメンションの変更に伴い、車両重量は200kg重い1,900kgに達しました。サスペションはリアの形式が変更され、4輪ダブルウィッシュボーン式となりました。

ハイロドニューマチック・サスペンションを採用

そして足回りの何よりの特徴は、シトロエン独自のメカニズムである、オイルと窒素ガスにより作動する「ハイドロニューマチック・サスペンション」が採用された事でした。又、高圧ポンプにより生み出される油圧がサスペンションのみならず、ブレーキやステアリングのパワーアシストにも利用される点もシトロエン・SMと同様でした。

マセラティ クアトロポルテ Series2 1974

駆動方式も又シトロエン・SMと同様のFFで、パワートレインは前年に登場したミッドシップ・スポーツカー「マセラティ・メラク」用の3L V6DOHCエンジンと5速MTの組み合わせが採用されました。このエンジンは、4基のウェーバー40DCNFキャブレターと8.7:1の圧縮比から最高出力はメラクより20psアップの210ps/5,500rpm、最大トルクは1.1kgmアップの27kgm/4,000rpmを発生しました。

マセラティ クアトロポルテ Series2 1974

しかしながら、重い車体に対してはそれでも力不足は否めませんでした。その他の機構面では、ブレーキはクアトロポルテと同様4輪ディスク式を採用し、ステアリング形式はリサーキュレーティング・ボール式からラック&ピニオン式に変更されました。又、ホイール&タイヤは7.0J×15インチホイール+205VR/70VR15タイヤの組み合わせで、ホイールのワイドリム化とタイヤの扁平化が図られていました。

クアトロポルテⅡはマセラティとしては画期的なモデルであったものの、同年6月にシトロエンを傘下に収めたプジョーに意向により提携関係が解消され、経営状態が悪化した事から量産化には至りませんでした。結局、受注生産により1976年までに僅か13台が生産されたに留まりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK