フォルクスワーゲン サンタナ (1981-1984):パサートのセダン版として誕生し日産でも生産 [M30]

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

フォルクスワーゲンは1981年、前年のフルモデルチェンジにより2代目となったミディアムモデル「パサート」の派生モデルとなる「サンタナ」を発売しました。ラインナップが5ドアハッチバックとステーションワゴンの2タイプに整理されたパサートの4ドアセダン版と位置付けられ、日本ではヤナセによる輸入販売ではなく、日産自動車によるライセンス生産販売が行われました。

3ボックス型ボディを採用

スタイリングは、初代パサート・セダンが先進的なファストバックスタイルであったのに対し、コンサバティブな3ボックス型が採用されました。ボディサイズは全長4,540mm×全幅1,695mm×全高1,400mmで、ベースモデルである「アウディ・80」より一回り大きく、パサートと実質的に同等でした。又、ホイールベースはアウディ・80より10mm長く、パサートと共通の2,550mmでした。

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

駆動方式はパサート同様FFで、エンジンは1.3L直4SOHC(最高出力60ps/最大トルク10.2kgm)、1.6L直4SOHC(最高出力76ps/最大トルク12.7kgm)、1.8L直4SOHC(最高出力90ps/最大トルク14.8kgm)、2L直5SOHC(最高出力115ps/最大トルク16.8kgm)のガソリンNAと、1.6L直4SOHC NA(最高出力54ps/最大トルク10.2kgm)及び同ターボ(最高出力71ps/最大トルク13.6kgm)のディーゼルが用意されました。

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

組み合わせられるトランスミッションは、4速/5速MTと3速トルコン式ATが用意されました。又、サスペンション形式はパサート同様のフロント:ストラット式/リア:セミトレーリングアーム式で、ラック&ピニオン式のステアリング形式やフロント:ディスク式/リア:ドラム式のブレーキ形式も共通でした。

日産版はDOHCエンジン車も設定

グレード体系は、1.3Lガソリンの「CX」、1.6Lガソリンの「LX」、1.8Lガソリンの「GX」「GX 5-Speed」「GX Automatic」、2Lガソリンの「LX5」「LX5 Automatic」、1.6LディーゼルNAの「LX Diesel」、同ターボの「GX Turbo Diesel」がラインナップされました。そして1984年、欧州での販売が終了となった一方で、日本では日産版の販売が開始されました。

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

日産サンタナのラインナップは、当初1.6Lディーゼルターボエンジン搭載の「1600Lt」「1600Gt」、1.8Lガソリンエンジン搭載の「1800Li」「1800Gi」、2Lガソリンエンジン搭載の「2000Gi5」「2000Xi5」が用意されました。そして翌1985年に最上級グレード「2000Xi5アウトバーン」が追加され、1987年にはマイナーチェンジが実施されフロントマスクが刷新されました。

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

フォルクスワーゲン サンタナ 1984

同時に、2L直5DOHCガソリンエンジン(最高出力140ps/最大トルク17.5kgm)を搭載する「2000Xi5アウトバーンDOHC」が追加され、1600Lt/1600Gt/1800Li/2000Giはカタログ落ちしました。そして1990年5月、ライセンス生産終了に伴い日本での販売も終了となりました。尚、サンタナは中国やブラジルでもライセンス生産が行われ、1990年代以降も独自の進化を遂げながら販売が続けられました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

VWその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ