ジープ チェロキー (2代目 1983-2001):モノコックボディを採用するなど全面的にリニューアル [XJ]

ジープ チェロキー Chief (2代目 1984)

かつて存在していた自動車メーカー、アメリカン・モーターズは、1983年にジープ・ブランドのステーションワゴン型SUV「チェロキー」に9年ぶり初のフルモデルチェンジを実施し、2代目XJ型に移行させました。エンジンをのぞき全面的にリニューアルされ、独立したフレームを廃したフルモノコックボディが採用されました。

フロント・サスペンションを変更

ジープ チェロキー Limited (2代目 日本仕様 1993)

ボディタイプは先代同様、3ドアと5ドアが用意されました。エクステリア・デザインは直線基調で、先代と比較するとヨーロッパ車的な雰囲気を醸すものとなりました。ボディサイズは全長4,199mm×全幅1,791mm×全高1,610mmで、先代から一回り以上縮小され、ホイールベースも200mm短縮され2,576mmとなっていました。また、車両重量は約500kgも軽量化されました。

ジープ チェロキー Limited (2代目 日本仕様 1993)

サスペンション形式は、フロントはクオドラリンク/コイル式に変更され、リアはリジッド・リーフ式が踏襲されました。駆動方式は当初パートタイムのみの設定で、エンジンは先代から大幅にダウンサイジングされ、ガソリン2.5L直4OHV(最高出力106ps/最大トルク18.3kgm)と2.8L V6OHV(最高出力117ps/最大トルク20.1kgm)のラインナップとなりました。

ジープ チェロキー Laredo (2代目 1993)

トランスミッションは、4速/5速MTとクライスラー製の3速トルコン式ATが設定されました。グレード体系は、当初ベースグレードと「ワゴニーア」「パイオニア」「チーフ」がラインナップされました。その後1985年に、2WD(FR)仕様車がラインナップに加わるとともに、ルノー製2.1L直4SOHCディーゼルターボエンジン(最高出力86ps/最大トルク18.3kgm)が追加されました。

4L V6エンジンを追加

ジープ チェロキー Sport (2代目 1997)

また、新グレード「ラレド」が追加されたのもこの年のことでした。次いでアメリカン・モーターズがクライスラー傘下に収まった1987年には、4L直6OHVエンジン(最高出力175ps/最大トルク30.6kgm)+アイシン製4速トルコン式AT搭載車が追加されると同時に、ガソリン2.5Lエンジンが燃料噴射化され、アウトプットが最高出力119ps/最大トルク18.7kgmに向上しました。

ジープ チェロキー Classic (2代目 1998)

また、グレード体系の面では新たに「リミテッド」が追加されました。続いて1991年、ワゴニーアに代わるグレード「ブライアウッド」が設定され、さらに1993年には新グレード「カントリー」が追加されました。次いで1994年、ディーゼルターボエンジンがVMモトーリ製の2.5L直4OHV(最高出力116ps/最大トルク30.6gm)に変更されました。

ジープ チェロキー Classic (2代目 1998)

次いで1997年のマイナーチェンジで内外装デザインが一新されると同時に、スペアタイヤの積載場所がテールゲート背後から室内に変更されました。また、新たな安全装備としてSRSデュアルエアバッグシステムが採用されました。そして2001年にフルモデルチェンジが実施され、3代目KJ型に移行しました。

SUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ RAV4の新車...
C-HR値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
C-HRの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ C-HRの新車...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ 新型ライズの新車...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ ハスラーの新車...
ジムニー/シエラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ジムニー/シエラの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどスズキ 新型ジ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ジープ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ