ジープ チェロキー (初代 1974-1983):ステーションワゴン型SUVとしてデビュー [SJ]

ジープ チェロキー (初代 1974)

かつて存在していた自動車メーカー、アメリカン・モーターズは、1974年にステーションワゴン型ボディを持つフルサイズの新型SUV「チェロキー」(SJ型)を発売しました。同社の主力モデルであった「ジープCJ-7」が軍用車両から発展したモデルであったのに対し、最初から民間用として開発されたため乗用車テイストの強いモデルとなっていました。

4輪リジッド式サスペンションを採用

ボディタイプは当初は3ドアのみの設定で、エクステリア・デザインは直線基調のスクエアかつ無骨なものでした。ボディサイズは全長4,660mm×全幅1,920mm×全高1,700mmで、全長と全幅はCJ-7よりも遥かに大きく、ホイールベースも400mm近く長い2,760mmに設定されていました。その一方で取り回しは改善され、ターニングサークルはCJ-7よりも1m小さい11.5mとなっていました。

ジープ チェロキー Chief (初代 1975)

サスペンション形式は、CJ-7同様の4輪リジッド・リーフ式が採用されました。エンジンは、当初4.2L直6OHV(最高出力112ps)、5.9L V8OHV(最高出力177ps)、6.6L V8OHV(最高出力198ps)の3種類が用意されました。トランスミッションは副変速機付き4速MTが標準で、オプションで副変速機を持たない3速トルコン式AT「ターボハイドラマティック」が用意されました。

ジープ チェロキー 3ドア (初代 1978)

駆動方式はMT車がパートタイム4WD、AT車がフルタイム4WDでした。また、ブレーキはフロントにディスク式、リアにドラム式が採用されました。グレード体系は、ベースグレードのほかに「S」「「ゴールデンホーク」「リミテッド」「クラシック」「スポーツ」「パイオニア」がラインナップされました。

ワイドボディ仕様を追加

ジープ チェロキー 5ドア (初代 1978)

その後1975年に、ワイドフェンダー・ワイドトレッド仕様として悪路走破性を向上させた新グレード「チーフ」が追加されました。次いで1977年に5ドアモデルがラインナップに加えられ、1978年には6.6L V8エンジンが廃止されました。続いて1979年、チーフをベースにイーグルデカールやゴールド塗装のホイール、デニム地のインテリアなどを採用した「ゴールデンイーグル」が追加されました。

さらに翌1980年には、最上級グレード「ラレド」が追加されました。次いで1981年、5.9Lエンジンの最高出力がドロップし157psとなりました。そして1983年にフルモデルチェンジが実施され、2代目XJ型に移行しました。初代SJ型チェロキーは、アメリカ本国のほかにメキシコやイギリス、オーストラリアなどでも販売されました。

また、アルゼンチンにおいてはカイザー・アルゼンティーナ社の手により「ジープ・グラディエーター」の車名でノックダウン生産が行われました。

SUVを購入検討中なら、こちらもチェック!

RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
トヨタ 新型RAV4の新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、R...
C-HR値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
トヨタ 新型C-HRの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型C-HRの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、C...
ライズ値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
トヨタ 新型ライズの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ライズの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ライズ...
ハスラー値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
スズキ ハスラーの新車購入に必要な情報を完全ガイド。ハスラーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ハスラーの...
ジムニー/シエラ 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
(2020年2月2日更新) スズキ 新型ジムニー/シエラの新車購入に必要な情報を完全ガイド。新型ジムニー/シエ...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ジープ 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず