フォード タウヌス 17M/20M/26M (2代目 P3系 1960-1964):エアロダイナミックなスタイリングを採用

フォード タウヌス 17M 2-door (2代目 P3 1960-1964)

1957年にドイツ・フォードから「タウヌス12M・15M」の上級モデルとして発売された「タウヌス17M」は、1960年にフルモデルチェンジが実施され、2代目P3系に移行しました。先代P2系がアメリカ車的な派手なスタイリングを持ち味としていたのに対し、エアロダイナミクスを追求したモダンかつヨーロピアン調のフォルムに変貌しました。

ボディはワイド&ローに

フォード タウヌス 17M Kombi (2代目 P3 1960-1964)

ボディ・バリエーションは先代同様に、2ドアおよび4ドアセダンと3ドアステーションワゴン「コンビ」、そしてコーチビルダーの製造による2ドアカブリオレの4タイプがラインナップされました。スタイリングは丸みを帯びた流線形のフォルムと、楕円形のヘッドランプが備わる個性的なフロントマスクが特徴でした。

フォード タウヌス 17M 4-door (2代目 P3 1960-1964)

ボディサイズは全長4,452mm×全幅1,670mm×全高1,450mmで、先代から全長と全幅が拡大された一方全高は50mm程低められ、ワイド&ローなディメンションとなりました。ホイールベースは2,630mmで、先代から26mm延長されました。サスペンション形式は、先代同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:リジッド・リーフ式が踏襲されました。

3種類のエンジンを用意

フォード タウヌス 17M Kombi (2代目 P3 1960-1964)

エンジンは、1種類のみだった先代からラインナップが拡大され、1.5L直4OHV(最高出力55ps/最大トルク11.3kgm)、1.7L直4OHV(最高出力60ps/最大トルク13.2kgm)、1.8L直4OHV(最高出力70ps/最大トルク14.3kgm)の3種類が用意されました。組み合わせられるトランスミッションは、従来同様の4速MTの他、新たに3速自動クラッチ式の「サクソマット」が設定されました。

最高速度は1.5Lが130km/h、1.7Lが135km/h、1.8Lが146km/h(いずれもMT仕様)となっていました。また、ステアリング形式はウォーム&ローラー式を踏襲し、ブレーキも当初は先代同様の4輪ドラム式が採用されました。一方インテリアは、エクステリア同様デザインが一新され、扇型のスピードメーターに代わり丸形3眼式メーターが採用されました。

ディスクブレーキを標準化

フォード タウヌス 17M 2-door (2代目 P3 1960-1964)

装備面では、オプションでツートーン・ボディカラーやホワイトウォールタイヤ、バニティミラー付き助手席サンバイザーなどが用意されました。その後1962年に、オートチョークが採用されるとともに、フロント・ディスクブレーキがオプション設定されました。追って1963年には、フロント・ディスクブレーキが全車に標準化されました。

次いでモデル末期の1964年、1.8Lエンジンの最高出力が75psに向上しました。そしてその年にフルモデルチェンジが実施され、通算3代目となるP5系に移行しました。P3系タウヌスは、前衛的なエクステリア・デザインが好評を博し商業的に成功を収めました。

人気車の購入検討中なら、こちらもチェック!

アルファード 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
アルファードの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ アルファー...
ハリアー 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ハリアーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点など購入前に気になる情報だけでなく、実燃費、リセール...
RAV4 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
RAV4の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどトヨタ RAV4の新車...
フリード値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
フリードの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、ハリアーの長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ フリ...
N-BOX/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
N-BOX/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

フォード時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ