アウディA8 (初代 D2 1994-2002):オールアルミボディが特徴のフラッグシップセダン

アウディA8 1994

アウディA8 1994

アウディAGは1994年2月、前年に生産を終了した「アウディ・V8」に代わる新型フラッグシップセダン「アウディ・A8」を発表しました。V8よりも大柄な体躯ながらオールアルミボディの採用により車両重量の増加を最小限に抑えると共に、Cd値0.29の空力特性を達成、それにより優れた走行性能や燃費性能を実現しました。

2種類のホイールベースを用意

ボディタイプはV8同様4ドアセダンのみとなる一方、新たにショートホイールベースとロングホイールベースの2つの仕様が設定されました。流麗なフォルムが備わるボディのサイズは、全長5,034mm(ショート)/5,164mm(ロング)×全幅1,880mm×全高1,438mmで、V8から一回り拡大され、ホイールベースも大幅に延長されて2,882mm(ショート)/3,010mm(ロング)となりました。

アウディA8 1994

アウディA8 1994

サスペンション形式はV8から一新され、フロントに4リンク式、リアにトラペゾイダルと呼ばれるダブルウィッシュボーン式が採用されました。駆動方式は当初V8同様フルタイム4WDのみの設定で、エンジンは2.8L V6(最高出力174ps/193ps)、3.7L V8(最高出力230ps)、4.2L V8(最高出力310ps)のガソリンNAと、2.5L V6(最高出力150ps/180ps)及び3.3L V6(最高出力225ps)のディーゼルターボが用意されました。

アウディA8 1994

アウディA8 1994

組み合わせられるトランスミッションは、当初5速MTと4速トルコン式ATが設定されました。又、安全装備面ではSRSデュアルエアバッグシステムやABS、トラクションコントロールが装備されました。そして1996年、4.2Lエンジンの最高出力を340psまで高めて搭載するハイパフォーマンスな派生モデル「アウディ・S8」が追加されました。

W12気筒エンジン搭載車を追加

次いで1997年、A8にFF仕様車が追加されると共に、SRSサイドエアバッグシステムとESP(横滑り防止装置)が標準化されました。続いて1999年にフェイスリフトが実施されると共に、SRSカーテンエアバッグシステムが追加されました。更に2001年には、6L W12気筒エンジン(最高出力420ps)を搭載する最上級モデル「A8L」が追加されました。

アウディA8 1994

アウディA8 1994

そして翌2002年にフルモデルチェンジが実施され、2代目D3系に移行しました。日本市場に導入された初代A8は、全てショートホイールベース版ボディとガソリンエンジンの組み合わせでした。まず欧州デビュー翌年の1995年5月に、4.2Lエンジン+4速AT搭載4WD方式の「4.2クワトロ」が上陸を果たしました。

アウディA8 1994

アウディA8 1994

次いで1998年1月に3.7Lエンジン+5速AT搭載FF方式の「3.7」が追加されると同時に、4.2クワトロにも5速ATが採用されました。続いて1999年8月、フェイスリフト版に切り替えられると共に3.7がカタログ落ちし、4.2クワトロはエンジンの5バルブ化により最高出力が310psに向上しました。そして2003年10月に2代目モデルに切り替えらえました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

A8シリーズ時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず-自動車