アルファロメオ GTV (1994-2006):ピニンファリーナ・デザインのFFスポーツクーペ

アルファロメオ GTV 1995

アルファロメオ GTV 1995

アルファロメオは1994年のパリサロンにおいて、1987年に生産終了となった「アルフェッタ」ベースの「アルフェッタGTV」以来7年ぶりにGTVを冠した「アルファロメオGTV」を発表しました。親会社であるフィアットの小型ハッチバック車「ティーポ」のプラットフォームやパワートレイン、ボディ部品の一部を流用して製造されるFFスポーツクーペで、姉妹車種としてオープンモデルの「スパイダー」も同時にリリースされました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

ウェッジシェイプ採用のスタイリング

ボディのデザインを担当したのはピニンファリーナで、1991年に発表されたコンセプトモデル「プロテオ」を彷彿とさせる大胆なウェッジシェイプのフォルムと、丸型4灯式プロジェクターヘッドランプ採用による個性的なフロントマスクが特徴でした。乗車定員は4名であったものの、後席スペースはミニマムで実質的には2+2でした。

アルファロメオ GTV 1995

アルファロメオ GTV 1995

ボディサイズは全長4,290mm×全幅1,780mm×全高1,315mmで、ホイールベースはティーポと共通の2,540mm、車両重量は1,370~1,430kgでした。サスペンション形式は、フロントはティーポ同様のマクファーソンストラット式を踏襲する一方、リアはトレーリングアーム式から新設計のマルチリンク式に変更されました。又、ブレーキはフロントがベンチレーテッド型の4輪ディスク式が採用されました。

2種類の2Lエンジンでスタート

発売当初ラインナップされたエンジン及びグレードは、2L直4DOHC NA(最高出力150ps/最大トルク19kgm)搭載の「2.0ツインスパーク16v」及び2L V6SOHCターボ(最高出力200ps/最大トルク28.6kgm)搭載の「2.0ターボ」の2タイプで、トランスミッションはいずれも5速MTが組み合わせられました。又、安全装備としてSRSデュアルエアバッグシステムやEBD付きABSなどが採用されました。

アルファロメオ GTV 1995

アルファロメオ GTV 1995

そして1996年のボローニャ・ショーで、3L V6DOHC NAエンジン(最高出力220ps/最大トルク27.5kgm)を搭載する「3.0 24v」がデビューしました。次いで1997年のマイナーチェンジで内外装デザインが一部変更されると共に、1.8L直4DOHC NAエンジン(最高出力146ps/最大トルク17.2kgm)搭載の「1.8ツインスパーク16v」が追加されました。

アルファロメオ GTV 1995

アルファロメオ GTV 1995

同時に、2L直4エンジンが可変吸気バルブ化され最高出力が7ps、最大トルクが0.1kgm向上した他、3L車のMTが6速化されました。続いて2003年のマイナーチェンジではフェイスリフトと共に、「2.0ターボ」に代わり2L直4直噴DOHC NAエンジン(最高出力165ps/最大トルク21kgm)搭載の「2.0JTS」が、「3.0V6」に代わり3.2L V6エンジン(最高出力240ps/最大トルク30.6kgm)搭載の「3.2V6」がラインナップされました。

アルファロメオ GTV 1995

アルファロメオ GTV 1995

日本市場には1996年1月にまず「2.0V6ターボ」が導入され、1997年6月から「3.0V6 24V」に切り替えられました。そして2003年7月に導入開始となった「3.2V6 24V」が、2006年4月まで販売されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

アルファロメオその他時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ