プジョー304 (1969-1980):204をベースとした上級モデルとして誕生

プジョー304 1969

プジョーは1969年9月、「204」と「404」の間を埋める新型乗用車「304」をリリースしました。204をベースに開発されたモデルで、プラットフォームや横置きFFのイシゴニス式レイアウトなど基本メカニズムが踏襲された一方、ボディは一回り拡大されると共に専用の意匠が与えられました。又、インテリア面でも上級モデルに相応しい差別化が図られていました。

より排気量の大きいエンジンを搭載

ボディタイプは当初、5人乗り4ドアセダン「ベルリーヌ」のみが用意され、そのエクステリア・デザインは204に引き続きピニンファリーナにより手掛けられました。ボディシェルは基本的に204と共通ながらフロント廻りとリア廻りは異なるデザインを持ち、特にフロントマスクは前年にデビューした最上級モデル「504」に類似した意匠となっていました。

プジョー304 1969

ボディサイズは全長4,140mm×全幅1,570mm×全高1,410mmで、204からそれぞれ170mm×10mm×10mm拡大されていました。ホイールベースは同一の2,590mmで、車両重量は15kg重い915kgでした。エンジンは、204に搭載されるガソリン1.1L直4SOHCをベースに、排気量を1.3Lに拡大したものが採用されました。

プジョー304 Coupe 1970

スペックは最高出力65hp/最大トルク9.6kgmで、4速MTを介しての最高速度は204ベルリーヌより10km/h高い150km/hでした。サスペンション形式は、204と同様のフロント:マクファーソンストラット式/リア:トレーリングアーム式による4輪独立懸架が踏襲され、ブレーキも同様にフロントにディスク式が採用されました。

ボディとエンジンのバリエーションを拡充

そして翌1969年になると、オープン・2シーターの「カブリオレ」とフィクスドヘッド・2+2シーターの「クーペ」、そして5人乗り5ドアステーションワゴンの「ブレーク」がラインナップに加わりました。これらの内、カブリオレ/クーペのボディサイズは全長3,760mm×全幅1,570mm×全高1,330mmで、204カブリオレ/クーペからのサイズ拡大は僅かに留まっていました。

プジョー304 Cabriolet 1970

一方ブレークは全長3,990mm×全幅1,570mm×全高1,430mmで、こちらも204ブレークからのサイズ拡大は最小限に留められると共に、リア廻りの意匠も共通でした。次いで1971年10月、ベルリーヌに204用の1.1Lエンジン(最高出力55hp/最大トルク8.4kgm)を搭載する廉価版が追加されました。更に翌1972年3月、カブリオレ/クーペがツインキャブエンジン搭載のカブリオレS/クーペSに移行しました。

プジョー304 Break 1970

エンジンのスペックは最高出力75hp/最大トルク10.3kgmに向上し、最高速度は160km/hに達しました。追って同年7月には、このエンジンを搭載するベルリーヌSが登場しました。次いで1976年7月、ベルリーヌに1.4L直4SOHCディーゼルエンジン(最高出力45hp/最大トルク7.9kgm)搭載車が追加されました。

追って同年9月には、ブレークもこのディーゼルエンジンを選択する事が出来るようになった他、2人乗り3ドア仕様の商用モデル「フルゴネット」がラインナップに加わりました。そして1978年に後継モデル「305」が登場した事を受け、翌1979年3月に全モデル生産終了となりました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

プジョー 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず