ダイハツ シャレード (3代目 1987-1993):スタイリングを一新すると共に4ドア車や4WD車を追加 [G100]

ダイハツ シャレード Gtti (3代目 1987)

1977年に初代モデルがデビューしたダイハツ工業のコンパクトカー「シャレード」は、1987年1月に4年ぶり2度目のフルモデルチェンジが実施され、3代目G100系に移行しました。それまでとはスタイリングが一新された他、新たに4ドアセダンや4WD車が追加されるなど、バリエーションの拡大が図られました。

サスペンション形式を変更

ダイハツ シャレード (3代目 1987)

ボディタイプは当初、乗用車登録の3ドアハッチバックと5ドアハッチバックがラインナップされ、先代に設定のあった商用車登録の3ドアバンは廃止されました。エクステリア・デザインは、初代や2代目モデルの直線を基調とした機能的なフォルムから一転、曲線基調のスタイリッシュなフォルムに変貌しました。

ダイハツ シャレード (3代目 1987)

初期型のボディサイズは全長3,610mm×全幅1,615mm×全高1,385mmで、先代から全長・全幅が拡大された一方、全高は低く設定されました。ホイールベースは2,340mmで、先代から20mm延長されました。サスペンション形式は、従来のフロント:ストラット式/リア:5リンク式から4輪ストラット式に変更され、駆動方式は当初は従来同様FFのみが設定されました。

ダイハツ シャレード1300 EFI (3代目 1988)

エンジンは当初、先代同様に1L直3のガソリン及びディーゼルが用意されました。ラインナップは、ガソリンはSOHC電子制御キャブレターNAのCB-36型(最高出力50ps/最大トルク7.6kgm)及びCB-37型(最高出力55ps/最大トルク8kgm)、SOHCキャブレターターボのCB-51型(最高出力73ps/最大トルク11kgm)、DOHC EFIターボのCB-71型(最高出力77ps/最大トルク13.3kgm)の4種類でした。

一方ディーゼルは、SOHC NAのCL30型(最高出力38ps/最大トルク6.2kgm)と、同ターボのCL51型/CL71型(最高出力50ps/最大トルク9.2kgm)の3種類でした。トランスミッションは、先代同様4速/5速MTと3速トルコン式ATが設定されました。当初のトップグレードはCB-71型エンジン搭載の「GT-ti」で、先代に用意されたデ・トマソ仕様の設定は無くなりました。

3代目シャレードのCM (1987)

1987 DAIHATSU CHARADE Ad

新車情報’88 ダイハツ シャレード1300 TXF フルタイム 4WD

新車情報'88 ダイハツ シャレード1300 TXF フルタイム 4WD

4ドアセダン「ソシアル」を追加

ダイハツ シャレード ソシアル (1989)

そして1988年2月、1.3L直4SOHC電子制御キャブレターNAのHC-F型エンジン(最高出力82ps/最大トルク10.6kgm)及び同EFI NAのHC-E型エンジン(最高出力94ps/最大トルク11kgm)搭載車が追加されると共に、HC-E型エンジン搭載車にフルタイム4WD仕様が設定されました。同時に、1L SOHCターボのCB51型エンジンが廃止された他、GT-tiのグレード名が「GT-XX」に変更されました。

ダイハツ シャレード ソシアル SX (1989)

次いで1989年2月のマイナーチェンジでGT-XXを除く全車に大型バンパーが装着され、全長が70mm拡大されました。追って同年4月には、全長3,995mmの3ボックス型4ドアセダンボディを採用した「ソシアル」が追加されました。当初の搭載エンジンは1.3LのHC-F型で、駆動方式はFFのみの設定でした。

ダイハツ シャレード ソシアル (1989)

次いで1991年1月に実施された2度目のマイナーチェンジでは、1.3LエンジンがHC-E型に一本化されると共に、グレード体系の見直しが行われました。そして1993年1月にフルモデルチェンジが実施され、4代目G200系に移行しました。

先代モデル:2代目シャレード

ダイハツ シャレード (2代目 1983-1987):パッケージングを改善すると共にターボ車を設定 [G11]
1977年11月に「コンソルテ」の後継車種としてデビューしたFFハッチバックコンパクトカー「シャレード」は、19...

後継モデル:4代目シャレード

ダイハツ シャレード (4代目 1993-2000):ボディサイズとエンジン拡大により一クラス上に移行 [G200]
1977年に初代モデルがデビューしたダイハツ工業のコンパクトカー「シャレード」は、1993年1月に6年ぶり3度目...

ダイハツ車を購入検討中なら、こちらもチェック!

タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
タント/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ 新型...
新型ロッキー 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロッキーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ 新型ロッキー...
ブーン値引き2020年10月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ ブーン/シルクの値引き/納期/実燃費レポート (2020年10月5日更新) ダイハツのAセグメント...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ダイハツその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ