ホンダ アコードインスパイア/ビガー (初代 1989-1995):アコードとレジェンドの間を埋めるモデルとして誕生 [CB5/CC2/3]

ホンダ アコードインスパイア AX-i 1989

本田技研工業は1989年9月、ミディアムモデル「アコード」を通算4代目にフルモデルチェンジすると同時に、同車とプレミアムモデル「レジェンド」との間を埋めるアッパーミドルモデル「アコードインスパイア」及びその姉妹車種となる3代目「ビガー」を発売しました。メカニズム面での特徴は、直列5気筒エンジンやFFミッドシップ方式の採用にありました。

4ドアピラードハードトップボディを採用

ボディタイプは4ドアピラードハードトップのみの設定で、スタイリングはアコードの流れを汲みながらも、ラウンドしたリアウィンドウの採用などにより差別化が図られました。初期型のボディサイズは全長4,690mm×全幅1,695mm×全高1,355mmで、アコードに対し全長が10mm長く全高が35mm低いディメンションとなり、ホイールベースは85mm長い2,805mmに設定されました。

ホンダ アコードインスパイア AX-i 1989

サスペンション形式は、アコードと同様に4輪ダブルウィッシュボーン式が採用されました。エンジンはアコードと異なり、2L直5SOHCのG20A型(最高出力160ps/最大トルク19kgm)が搭載され、5速MT又は4速トルコン式ATと組み合わせられました。アコードインスパイアのグレード体系は、下から「AZ-i」「AG-i」「AX-i」がラインナップされました。

ホンダ アコードインスパイア AX-i 1989

一方ビガーは、「タイプN」「タイプE」「タイプW」「タイプX」のラインナップでした。そして同年11月、ビガーに特別仕様車「Sリミテッド」が設定されました。次いで1991年5月、ビガーに新グレード「タイプW Sリミテッド」が追加された一方タイプEが廃止になり、追って同年9月にはアコードインスパイアに特別仕様車「リミテッド」が設定されました。

3ナンバーボディ車を追加

次いで1992年1月、アコードインスパイアの上級モデルとして、全長4,830mm×全幅1,775mm×全高1,375mmの3ナンバーボディを採用する「インスパイア」が追加されると同時に、ビガーが全車同ボディに切り替えられました。搭載されたエンジンは、G20A型の改良型(最高出力165ps/最大トルク19kgm)と2.5L直4SOHCのG25A型(最高出力190ps/最大トルク24.2kgm)でした。

ホンダ アコードインスパイア AX-i 1989

トランスミッションは4速トルコン式ATの他、ビガー2L車のみに5速MTが設定されました。グレード体系は、インスパイアが下から「20Gi」「25Gi」「25Giスーパーサウンド」「25Xi」「25エクスクルージブ」、ビガーが「20G」「タイプW」「25W」「25S」「25X」「25XS」のラインナップでした。

ホンダ ビガー 25S 1992

追って同年4月、2Lエンジン搭載の特別仕様車としてアコードインスパイアに「スペシャルエディション」が、ビガーに「プレステージ5」が設定されました。次いで同年10月にビガー・タイプWが廃止され、翌1993年2月には2.5Lエンジン搭載の特別仕様車としてアコードインスパイアに「F-ステージ」が、ビガーに「スーパープレステージ」が設定されました。

更に2.5Lエンジン搭載の特別仕様車として、同年10月ビガーに「25Sリミテッド」が、翌1994年1月インスパイアに「グランドステージ」が、ビガーに「スーパープレステージLX」が設定されました。そして1995年2月、インスパイアにフルモデルチェンジが実施され2代目モデルに移行すると共に、アコードイスパイアは廃止されました。同時に、姉妹車種としてビガーに代わり「セイバー」が登場しました。

ホンダ アコードの購入を検討中なら、こちらもチェック!

アコード 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価
アコードの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ 新型アコードの...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

アコードインスパイア時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ