BMW 3200CS (1962-1965):503の後継モデルとして登場した高級ラグジュアリー・クーペ

BMW 3200CSクーペ (1962-1965)

BMWは1962年、新型高級ラグジュアリー・クーペ「3200CS」をリリースしました。1956年から1959年にかけて生産されたクーペ/カブリオレ「503」の後継モデルで、カロッツェリア・ベルトーネの手によるスタイリッシュなエクステリア・デザインと、同車の市販乗用車として初めて200km/hの最高速度を達成した高性能がセリングポイントでした。

エンジンは3.2L V8を搭載

BMW 3200CSクーペ (1962-1965)

ボディタイプは、2+2シーター仕様の2ドア・ピラーレスハードトップクーペのみの設定で、503とは異なりカブリオレは用意されませんでした。スタイリングは、丸型2灯式ヘッドランプや縦長の狭いキドニーグリル、丸みを帯びた流麗なフォルムなど社内デザインによる503クーペのイメージを受け継ぎながらも、よりモダンかつ洗練されたフォルムへと進化を遂げていました。

BMW 3200CSクーペ (1962-1965)

ボディサイズは全長4,380mm×全幅1,720mm×全高1,460mmで、503クーペから全長が大幅に短縮されました。ホイールベースは2,835mmで、503クーペやそのベースモデルである「2600/3200シリーズ」と共通でした。車両重量は1,500kgで、503クーペと同一した。駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは503譲りの水冷3.2L V8OHVゼニス・ツインキャブレター仕様が搭載されました。

アウトプットは最高出力162ps/5,600rpm・最大トルク24.5kgm/3,600rpmで、圧縮比アップやキャブレターの大径化などにより503時代から22ps/2.5kgmの向上を果たしていました。組み合わせられるトランスミッションは、503同様の4速MTながら各ギアのレシオが変更されるとともに、ファイナルレシオが高められていました。

基本メカニズムは503譲り

BMW 3200CSクーペ (1962-1965)

パフォーマンスは、最高速度は10km/hの向上を果たした一方で、0-100km/h加速は1s遅い14sとなっていました。サスペンション形式は503や2600/3200シリーズと共通で、フロントにダブルウィッシュボーン/横置トーションバー式、リアに3リンク/縦置トーションバー式が採用されました。ステアリング形式も、それらのモデル同様のラック&ピニオン式が踏襲されました。

BMW 3200CSクーペ (1962-1965)

一方ブレーキは、503の4輪ドラム式に対し、アウトプット向上に対応するためフロントがディスク式にアップグレードされました。また、ホイール&タイヤは5J×15インチホイール+7.00H15Lクロスプライタイヤまたは185HR15ラジアルタイヤの組み合わせで、503の4.5J×16インチホイール+6.00H×16タイヤから小径&ワイド化が図られました。

そして1965年9月、発売から僅か3年で生産終了となりました。実質的な後継モデルとして、同年開催されたフランクフルト・ショーにおいて小型車「1500」シリーズをベースとしたクーペ「2000C/200CS」が発表されました。

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

BMWその他 時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるずをフォローする
びぃくるず