フォード サンダーバード (2代目 1958-1960):モノコックボディ採用とともに4シーター化

フォード サンダーバード (2代目 1958)

初代モデルが1954年にデビューしたフォード・モーターの高級パーソナルカー「サンダーバード」は、1958年に初のフルモデルチェンジを受け、通称「スクエア・バーズ」と呼ばれる2代目モデルに移行しました。モノコックボディが採用されるとともに、ファミリーユーザー層獲得のため4シーター化された事が特徴でした。

ボディを大幅に大型化

フォード サンダーバード (2代目 1958)

ボディタイプは、発売当初はフィクスドヘッド化された2ドアハードトップのみが用意されました。スタイリングは、ニックネームのとおりスクエアな造形が採用されるとともに、フロント廻りやリア廻りの意匠も一新されました。その一方で、控えめなテールフィンは受け継がれました。また、オプションでスペアタイヤをテールエンドに背負う「スポーツ・スペア・ホイール・キャリア」が用意されました。

フォード サンダーバード Convertible (2代目 1958)

ボディサイズは全長5,217mm×全幅2,031mm×全高1,334mmで、先代から全長が600mm近く延長された他、全幅も大幅に拡大されました。また、ホイールベースは280mm近く延長され2,870mmとなった他、車両重量も250kg以上重い1,682kgとなりした。サスペンションは、リアの形式がリジッド・リーフ式からトレーリングアーム/コイル式に変更されました。

エンジンも強化

駆動方式はFRを踏襲し、エンジンは先代の4.8L /5.1L V8から強化され、新世代の5.8L V8OHV(最高出力300hp/最大トルク54.6kgm)が採用されました。組み合わせられるトランスミッションは、3速MTとOD付3速MT、そしてD1/D2の2つのDレンジを持つ3速トルコン式AT「クルーゾマチック」の3種類が用意されました。また、ブレーキは先代同様の4輪ドラムが踏襲されました。

フォード サンダーバード (2代目 1959)

一方室内は、リアシートの新設とともにフロントシートがセパレート化されました。さらに、メーターパネルのデザインが丸型3眼式に一新されるとともに、リアシートまで達する長いセンターコンソールが装備されました。そして同年後半に、電動ソフトトップ仕様のコンバーチブルがラインナップに加わりました。車両重量は、ハードトップよりも90kg程重い1,770kgでした。

フォード サンダーバード (2代目 1959)

その後1959年型に移行した際に、フロント廻りやリア廻りなどの装飾が変更されるとともに、リアサスペンションがホッチキスドライブ/リーフ式に変更されました。同時に、よりパワフルな7L V8OHVエンジン(最高出力350hp/最大トルク67.7kgm)+クルーゾマチックがオプション設定されました。

フォード サンダーバード Convertible (2代目 1960)

次いで1960年型では、サンルーフがオプション設定されました。そして翌1961年にフルモデルチェンジが実施され、通称「ビュレット・バーズ」と呼ばれる3代目モデルに移行しました。

先代モデル:初代サンダーバード

フォード サンダーバード (初代 1954-1957):イメージリーダー的高級パーソナルカーとして誕生
フォード・モーターは1954年2月のデトロイト・モーターショーにおいて、新型高級パーソナルカー「サンダーバード」...

後継モデル:3代目サンダーバード

フォード サンダーバード (3代目 1961-1963):スタイリングを一新しラインナップを拡充
初代モデルが1954年にデビューしたフォード・モーターの高級スペシャリティカー「サンダーバード」は、1961年に...

スポーツカーを購入検討中なら、こちらもチェック!

GRスープラ値引き2021年4月-納期/実燃費/価格の評価
GRスープラの値引き/納期/実燃費レポート (2021年4月7日更新) トヨタのスポーツブランドGRから20...
マツダ ロードスター/RF 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロードスター/ロードスターRFの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなど...
ホンダS660 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
S660の値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどホンダ S660の新車...
コペン値引き2021年4月-納期/実燃費/価格の評価
ダイハツ コペン セロ/ローブ/XPLAYの値引き/納期/実燃費レポート (2021年4月7日更新) 200...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

サンダーバード時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ