ダイハツ シャレード (2代目 1983-1987):パッケージングを改善すると共にターボ車を設定 [G11]

ダイハツ シャレード (2代目 1983)

1977年11月に「コンソルテ」の後継車種としてデビューしたFFハッチバックコンパクトカー「シャレード」は、1983年1月に初のフルモデルチェンジが実施され、2代目G11系に移行しました。パッケージングの改善により居住性が一段と向上した他、ディーゼル車やガソリンターボ車が追加されるなど、バリエーションの拡大が図られました。

新車購入ガイド:【2022最新】ブーンの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

クーペに代わり3ドアハッチバックとバンを設定

ボディタイプは先代同様の5ドアハッチバックの他、3ドアクーペ改め3ドアハッチバックと、同ボディを流用した3ドアバンが用意されました。スタイリングは更にボクシーなフォルムとなった他、3ドアは個性的なリアクォーターパネル廻りのデザイン処理を止め、5ドアの延長線上にあるコンサバティブなデザインが採用されました。

初期型のボディサイズは全長3,550mm×全幅1,550mm×全高1,400~1,435mmで、先代から一回り拡大されると共に、ホイールベースも20mm延長され2,320mmとなりました。サスペンション形式は、フロント:ストラット式/リア:5リンク・コイル式が踏襲されました。エンジンは、先代に搭載された1L直3SOHCガソリンのCB型の改良型と、そのディーゼル版となるCL型が用意されました。

当初のバリエーションは、ガソリンキャブレター仕様のCB-12型(最高出力55ps/最大トルク7.8kgm)、CB-22型(最高出力60ps/最大トルク8.3kgm)、CB-33型(最高出力60ps/最大トルク8.3kgm)、及び同電子制御式キャブレター仕様のCB-34型(最高出力55ps/最大トルク7.8kgm)、そしてディーゼルのCL-10型(最高出力38ps/最大トルク6.3kgm)の全5種類が用意されました。

ダイハツ シャレードTURBO (2代目 1983)

トランスミッションは、当初は先代同様に4速/5速MTと2速トルコン式ATが設定されました(ディーゼルは5速MTのみ)。又、ブレーキは先代では上級グレードのみに装備されたフロント・ディスクブレーキが、全車に標準化されました。そして同年9月、ガソリンターボ仕様のCB-50型エンジン(最高出力80ps/最大トルク12kgm)+5速MT搭載車が追加されました。

新車購入ガイド:【2022最新】タントの値引き 納期 乗り出し価格

ダイハツ シャレードTURBOのCM (1983)

デ・トマソ仕様や競技用ベースモデルを追加

ダイハツ シャレード・デ・トマソ・ターボ (1984)

更に翌1984年1月には、同パワートレインを搭載し、当時提携関係を結んでいたイタリアのデ・トマソ社の手による内外装や足回りなどが備わる「デ・トマソ・ターボ」が追加されました。次いで同年9月、CL-10型エンジンのターボ版となるCL-50型エンジン(最高出力50ps/最大トルク9.3kgm)搭載車が追加されました。

ダイハツ シャレード デ・トマソ ターボ/ディーゼル ターボ(1984-1987):2代目シャレードの新バリエーションとして追加に [G11]
1983年1月のフルモデルチェンジにより2代目に移行したダイハツ工業のFFコンパクトカー「シャレード」は、同年9...

更に翌10月には、CB50型エンジンの排気量を993ccから926ccまで縮小したCE型エンジン(最高出力76ps)を搭載する、モータースポーツ競技用のホモロゲーションモデル「926ターボ」が200台限定で発売されました。次いで1985年2月にマイナーチェンジが実施された後、翌1986年1月にATが3速に多段化されると共に、ガソリンターボ車にAT仕様が設定されました。

ダイハツ シャレード926TURBO (2代目 1984)

1985年2月にはマイナーチェンジを実施。フロントフェイスやリアスタイルを一新、フラッシュサーフェスフォルムを採用しました。

ダイハツ シャレード デ・トマソ・ターボ (2代目マイナーチェンジ後 1985)

そして1987年1月にフルモデルチェンジが実施され、3代目G100系に移行しました。

先代モデル:初代シャレード

ダイハツ シャレード (初代 1977-1983):画期的な4ストローク3気筒エンジンを搭載 [G10]
ダイハツ工業は1977年11月、「コンソルテ」の後継車種となる新型FFハッチバックコンパクトカー「シャレード」を...

後継モデル:3代目シャレード

ダイハツ シャレード (3代目 1987-1993):スタイリングを一新すると共に4ドア車や4WD車を追加 [G100]
1977年に初代モデルがデビューしたダイハツ工業のコンパクトカー「シャレード」は、1987年1月に4年ぶり2度目...

新車購入ガイド:【2022最新】ムーヴの値引き 納期 乗り出し価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

シャレード時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ