ダイハツ ミラジーノ1000 (2002-2004):軽乗用車ミラジーノの登録車版として誕生 [L701S/711S]

ダイハツ ミラジーノ1000 (20024)

ダイハツ工業は2002年8月、レトロ調のエクステリアを持ち味とする軽乗用車「ミラジーノ(初代)」にマイナーチェンジを施すと同時に、それをベースとした登録車バージョン「ミラジーノ1000」を発売しました。全長・全幅をストレッチしたボディに文字通り1000ccエンジンを搭載したモデルであったものの、商業的には失敗し短命に終わりました。

スタイリングはミラジーノ譲り

ダイハツ ミラジーノ1000 (20024)

ボディタイプは3ドアハッチバックの設定もあったミラジーノに対し、5ドアハッチバックのみのラインナップでした。スタイリングはミラジーノとほぼ共通で、丸型2灯式ヘッドランプや大型フロントグリル採用による「ローバー・ミニ」を彷彿とさせるフロントマスクなどが踏襲されました。ボディサイズは全長3,415mm×全幅1,495mm×全高1,425mmで、ミラジーノから全長・全幅がそれぞれ20mmずつ拡大されていました。

ダイハツ ミラジーノ1000 (20024)

また、車両重量は780~830kgで、ミラジーノから若干増加していました。駆動方式はミラジーノ同様FFとフルタイム4WDが設定され、エンジンはコンパクトカー「YRV」にも搭載される1L直3DOHC12バルブ仕様(最高出力64ps/最大トルク9.6kgm)が採用されました。組み合わせられるトランスミッションは4速トルコン式ATのみの設定で、ミラジーノに設定のあった5速MTは用意されませんでした。

サスペンションは形式はミラジーノと共通で、フロントがマクファーソンストラット式、リアはFF車がトーションビーム式、4WD車が3リンク式でした。一方インテリアは、シートやドア内張りなどはブラック基調で、メーターパネルやセンターコンソールの一部、ステアリングホイールなどにウッド調の加飾が施されていました。

グレードは2タイプ

ダイハツ ミラジーノ1000 (20024)

また、安全装備面では、SRSデュアルエアバッグシステムやプリテンショナー&フォースリミッター付シートベルト、EBD&ブレーキアシスト付ABSが標準装備されたほか、SRSサイドエアバッグシステムがオプション設定されました。グレード体系は、グレード名を持たないベースグレードと上級グレード「X」の2タイプのラインナップでした。

装備面では、Xには14インチアルミホイールやMDデッキ付カーオーディオシステムなどが標準装備されました。その後2004年6月に、排出ガス浄化システム「TOPAZ触媒」の採用により「平成17年度基準排出ガス規制50%低減レベル」を達成しました。しかし、同月新型コンパクトカー「ブーン」がデビューしたことにともない、同年11月に実施されたミラジーノのフルモデルチェンジと同時に姿を消しました。

販売面では、居住性がミラジーノと変わらない上に動力性能も660ccターボエンジン搭載のミラジーノ・ターボを上回るものではないなど、差別化が不十分であったため振るいませんでした。

軽自動車の初代ミラジーノ

ダイハツ ミラジーノ (初代 1999-2004):5代目ミラベースのレトロな軽ハッチ [L700/710]
ダイハツ工業は1999年3月、前年のフルモデルチェンジにより5代目に移行した軽乗用車「ミラ」をベースに、レトロ調...

ダイハツ車を購入検討中なら、こちらもチェック!

新型ロッキー 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ロッキーの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ 新型ロッキー...
タント値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを評価|新車購入ガイド
タント/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ 新型...
ムーヴ/カスタム 値引き/納期/長所と欠点/リセールバリューを総合評価
ムーヴ/カスタムの値引き情報や納期、見積もり例、競合車種、長所・欠点、実燃費、リセールバリューなどダイハツ ムー...

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ミライース時代を彩った名車と迷車
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ