日産 プリメーラ (初代 P10 1990-1995):欧州車を強く意識してヒット

シェアする

私にとって初めての車であり、今でもとても良い車だったと思ってやまないのが、日産プリメーラです。社会人になって、給料で頭金を準備し、中古ですが購入したときは嬉しくで仕方ながなかったのを覚えています。学生の頃からゴルフやプジョー205など、欧州車が好きだったのですが、維持の面から敷居が高く、当時国産でヨーロッパ車に近い評価を得ていた、この車を選びました。

当時プリメーラのセンスは際立って

購入したのは91年式の日産プリメーラP10型2,000ccのTS。本当は希少な逆輸入車の5ドアが好きだったのですが、当時タマ数も少なくまだ価格が高かったので、ラインナップの中でもスポーティなタイプのグレードを探しました。ヨーロッパ車っぽく、エアロの無いTSで探し、一番好みの紺色の個体と出会ったのです。

当時、同じクラスの他社の車と比べ、プリメーラのセンスは際立っていました。癖の無いフロントマスクでありながら、ディテールは美しくデザイン処理され、さり気なくも連続性のあるキャラクターラインや、ウインドウの傾斜やピラーまわりの造形など、機能美を兼ね備えた美しさです。

インテリアも、実に実用的で質実剛健さを感じさせつつ、スポーティなバケットタイプのシートやドライビングポジションなど、どちらかというと走りを楽しむためのアレンジを感じます。キャッチコピーにもなっていたサイズの割に驚くほどの空間のゆとりをもたらすパッケージングは今みても秀逸です。

プリメーラのCM ’90

足回りは、まるでドイツ車のように堅め。デイリーユースで受け入れがたい一般ユーザーも多かったと聞きますが、郊外をはしるクルージングでは、走りの楽しさを引き出し、まさにコンパクトなセダンとしてドライビングプレジャーを感じさせる1台でした。しっかりと路面を捉えるホールド感は、マルチリンクサスペンションならではのものと、乗り比べて悦に入ったものです。

2Lのエンジンは力強く、しなやかな走り

見た目は地味ながらも、2Lのエンジンフィールはとても力強く、しなやかな走りを楽しませてくれました。国産でありながら、ここまで欧州車的な趣を楽しめる車でありながら、やはり国産の技術力、信頼性が高く、殆どトラブルがなく、4年ほど愛車として共に過ごしました。

残念なことに、2度めの車検を終えたばかりのとき、雪道でスリップし、路肩の擁壁に激突、幸い怪我は大したことなかったのですが、プリメーラは廃車となってしまいました。初めての車で、本当に気にいっていたので、ショックが大きかったのを覚えています。

その後2代目のP11型が出ましたが、実車を見てあまり興味がわかず、妙に日本車っぽくなってしまったスタイリングなどにがっかりしました。同様にP10型を買うにも、年式が古く、その後一念発起して、輸入車に乗り換えることになりました。

プリメーラは本当に良いクルマ

今でも、プリメーラは私が唯一所有した国産セダン。本当に良いクルマでした。当時日産が技術に力を入れていたことを後から知り、まさにプリメーラはその権化だったように感じました。またいつか、乗ってみたい、そう思わせる車種です。

セダン・ワゴンの人気車を購入検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK