相手はこちらに気付いている。その思い込みが招いた自動車事故

plc0016

群馬県にある美術館に絵画鑑賞に行った際、その帰り掛けに接触事故が起きてしまいました。車は、2007年式メルセデスベンツC200CGIで、自分一人だけの乗車でした。

美術館から国道に出る道路(片側1車線、センターラインあり)を走行中、沿線にあるホームセンターの駐車場から、1台のコンパクトカーが頭を出し掛けた後、一旦停車するのが見えました。

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

相手が気付いている、それがいけなかった

てっきり、こちらの姿に気が付いて一時停車をしたのだろうと思い、そのまま通過しようとしました。すると、その車の20m程手前まで差し掛かった時に、いきなり発進してこちらの道路に左折して来ました。勿論、急ブレーキを掛けながらクラクションを鳴らしましたが、当方の速度は40km/hほど出ていましたから、その距離で飛び出して来られたら間に合いません。

相手が気付いて急ブレーキを掛ければ別ですが、全く停まる気配さえみせずそのまま合流して来たので、結果は接触事故になってしまいました。双方の車ともボディの前部にダメージを受け、特にバンパーは酷く損傷しました。更に、私の車は左フェンダーが凹んでタイヤに干渉してしまった為、長距離の自走が不可能になりました。

手におえない中年女性ドライバー

取りあえず、双方とも車を安全な場所に寄せ、車から降りました。すると、相手は中年の女性でしたが、下車するなり「あー痛い痛い!私はちゃんと安全確認したんですよ!」と不満げに言いました。こちらは優先道路を走行していましたから、その女性の過失割合が大きいのは明らかでしたが、謝罪する気配すらない態度に呆れてしまいました。幸い、当方に怪我はなく、相手も痛いと騒いでいた割には何処にも怪我はない様子でした。

すぐに携帯電話で警察を呼び、保険会社にも連絡を入れました。待つ事20分程で、警察官2人がパトカーに乗ってやって来ました。まず私から先に事情聴取を始め、続いて相手の女性から事情聴取をしました。その女性は、最初のうちは警察官に対し「私はちゃんと確認したんですよ!」の一点張りで、非を認めようとしませんでした。しかし、警察官にお説教されて、ようやく自分の過失が大きかった事を理解したようで、最後にようやく私に対し「すみませんでした。」と謝罪しました。

相手はこちらに気付いている。その思い込みを捨てる

そして、警察官立ち合いの元での話合いの結果、事故は、人身は絡まない対物事故扱いとなり、双方の車の修理は保険会社同士の交渉に任せる事となりました。相手の車は自走出来たので、そのまま帰って行きましたが、当方の車は数メートルの移動がやっとの状況だった為、レッカー車での移送となりました。相手が最終的に過失を認めた為、保険会社同士の交渉も比較的スムーズに運び、最終的に、私の車の修理代金も相手の保険から支払われる事となりました。この事故で得た教訓は、とにかく優先道路を走っている場合でも気を抜けないという事です。

ホームセンターやコンビニなどの駐車場の出口で一時停車している車も、必ずこちらの存在に気付いているという保障などないという事が、痛い程分かりました。その為、そうしたシチュエーションでは、「もしかしたら飛び出して来るかもしれない」という気構えで、いつでも急ブレーキを踏めるよう心掛けて運転するようになりました。

 

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

自動車の事故 体験談
スポンサーリンク
シェアする
びぃくるず編集部をフォローする
ビークルズ