下取り車の査定アップを狙って交渉。約30万円安くなったマツダ・ロードスター

昔から車が好きで、いつかはスポーツタイプの車に乗りたいと考えていました。就職してしばらく経ち、少し仕事にも慣れてきた頃だったので、そろそろ車を買い換えようかと考えていました。それまでに乗っていたスズキのスイフトスポーツには、特に不満はありませんでしたが、一度はオープンカーに乗ってみたかったという事もあり、オープンカーを探していました。

価格的には250万円程度、新車中古車は問わず、マニュアルミッションの設定があるオープンカーと言う条件で車探しを始めました。そうすると、かなり選択肢が少ない事が分かりました。実際には、中古のS2000やコペン、マツダのロードスターでも初代、2代目、3代目と選べるには選べるのですが、ビビッとくる車はありませんでした。S2000は、中古車しか選択肢がない上に、状態の良い個体は価格が高く、コペンは長距離移動に少し不安がありました。

ロードスターは乗っている人が多いのが減点だったけど…

マツダのロードスターは嫌いではなかったですが、地域柄乗っている人も多く、珍しさと言う点で大きく減点でした。そんなこんなで、買おうか買わまいか迷っていたのですが、一度見てみようと思いディーラーに行きました。当然の流れで試乗する事になりました。試乗したのはRSのRHTモデルで6MTでした。乗ってみると、なんとも言えない解放感と運転感覚で一発で気に入ってしまいました。珍しくないと思っていましたが、自分が運転していればそんなことはあまり気になりませんし、何より運転することが楽しめるのであれば、それで良いと思えたからです。

そして、購入交渉に入りました。正直オープンカーに乗るならセキュリティに多少の不安はあってもソフトトップと決めていたので、ソフトトップにしました。そして、価格的にRSは厳しかったので、Sグレードにしました。オプションはフロアマットとボーズ製のオーディオセット、そしてETCと自分の欲しいものを最小限だけ選びました。元々、値引きはしぶいと予測していたので、車体本体の値引きよりも下取り車の査定アップを狙って交渉を進めました。

値引き10万円、下取り額は約20万円の上積み

2~3社の見積り結果や、ネットでの簡易見積り結果の高い方の金額などを元に交渉を勧めた結果、値引きで10万円、下取り額は約20万円の上積みとなり、支払総額を予定よりも低く抑える事ができました。トータルで見ると、まだまだ交渉の余地はあったように思いますが、それほど労力を掛けていない割には良い条件で購入できたと思います。

実際に所有してみると、ロードスターと言う車は良い車でした。確かに事前に調べていた通り、荷物も人も乗りませんが、それ以上に運転する楽しみというのは強かったです。また、オープンにして街中や山道を走っていると、自然や人々の生活に匂いなどで季節感を感じる事も出来ました。人生初の車の購入でかなり緊張しましたが、ほぼ思い通りの買い物ができたので良かったです。

マツダ ロードスター/RFの購入を検討中なら、こちらもチェック!

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ロードスター
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ