ライズ 一部改良 ハイブリッド追加 (2021/11) 装備の変更点や写真と価格

トヨタ ライズ(Z : ハイブリッド・2WD)

トヨタは、ハイブリッド車を新たにラインナップに加えるなどライズを一部改良し、2021年11月1日に発売した。

新車購入ガイド:【2022最新】ライズの値引き 納期 乗り出し価格

スポンサーリンク
車の買い替えを考え始めたら、下取り査定を受ける前にクルマの値段を把握しましょう。「ナビクル」などのWEBサービスなら、スマホやPCから簡単な入力で手軽に査定額がわかります。

ライズ ハイブリッドの特長

トヨタ ライズ(Z : ハイブリッド・2WD)

新開発1.2Lハイブリッドシステム「e-SMART(イースマート)ハイブリッド」搭載

トヨタ ライズ ECO走行モード制御

エンジンは発電専用、その電力を使用し100%モーターで走行するシリーズハイブリッド方式を採用。小さな排気量でシンプルな構造とコンパクトなサイズを実現。低・中速走行に強く、街乗りでの使用頻度が高い小さなクルマに適したハイブリッドシステムとなっている。

レスポンスの良い加速性能

走り出しから最大トルクを発揮するモーター駆動ならではのレスポンスの良さ、なめらかな加速で、街乗りでの電気自動車のような走行フィールを体感

「スマートペダル(S-PDL)」採用

トヨタ ライズ S-Pedal

アクセル操作のみで車速をコントロール可能。加減速を繰り返す街中や下り坂などで、アクセルからブレーキへの踏みかえ頻度が減り、ドライバーの負担を軽減しつつ軽快な走りを実現

コンパクトSUVクラストップレベルの低燃費(WLTCモード 28.0km/L)を実現

トヨタ ライズの主な改良内容

トヨタ ライズ(Z : ハイブリッド・2WD)(内装色ブラック)

ガソリン(2WD)車のエンジン変更

  • 従来の1.0Lターボからクラストップレベルの熱効率を実現した新開発1.2Lエンジンに変更
  • 低燃費(WLTCモード 20.7km/L)と高い動力性能を両立。低速域での加速性を向上

予防安全機能「スマートアシスト」を全車標準装備化

  • 夜間の対歩行者検知を可能とした衝突警報及び衝突回避支援機能の拡充
  • 標識認識機能(進入禁止/最高速度/一時停止)で見逃し予防をサポート
  • 電動パーキングブレーキを採用、全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)に停止保持機能が追加

その他快適装備

  • キーを持って施錠状態の車両に近づくとルームランプが点灯するウェルカムランプ機能を標準装備
  • ハイブリッド車には、降車後の足元を照らすヘッドランプ点灯延長機能を標準装備。さらに、アクセサリーコンセント(AC100V・1,500W/非常時給電システム付)を設定
  • 外板色にスムースグレーマイカメタリックを設定

トヨタ ライズの価格

ガソリン2WD(FF) 1.2L自然吸気,CVT

グレード 価格
X 1,707,000
G 1,857,000
Z 2,039,000

ガソリン4WD 1.0Lターボ,CVT

グレード 価格
X 1,984,800
G 2,133,700
Z 2,299,200

e-SMARTハイブリッド 2WD(FF) (モーター+1.2L)

グレード 価格
ハイブリッド G 2,163,000
ハイブリッド Z 2,328,000

価格は消費税10%込みのメーカー希望小売価格

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずは「ナビクル」など、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【18万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

ナビクル

「ナビクル」なら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

ズバット車販売は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。→公式サイトで詳しく

ライズマイナーチェンジ/改良/追加
スポンサーリンク
シェアする
ビークルズをフォローする
ビークルズ