トヨタ ヴェルファイア/ハイブリッド (初代 2008-2015):アルファードからの派生。アグレッシブ路線に [ANH2♯W/GGH2♯W/ATH20W]

シェアする

トヨタ ヴェルファイア 3.5 Z  2008-15

トヨタ ヴェルファイア 3.5 Z 2008-15

トヨタの大型ミニバン「ヴェルファイア」の初代モデルは、2008年5月の「アルファードG/V」のフルモデルチェンジに伴い、ネッツ店バージョンであった「アルファードV」の後継モデルという形で発売が開始されました。基本設計はトヨペット店バージョンの「アルファード」と同一ながら、方向性の異なるエクステリアにより差別化が図られました。

2段重ねのヘッドランプが特徴

スタイリングは、「アルファード」同様の1.5ボックス型で基本的なプロポーションも同一ながら、2段重ねのヘッドランプを採用したフロントマスクやクリアタイプのリアコンビネーションランプの採用などにより、上品で洗練されたイメージのアルファードとは対照的な、挑戦的で力強い雰囲気の演出が図られました。

トヨタ ヴェルファイア 3.5 Z  2008-15

トヨタ ヴェルファイア 3.5 Z 2008-15

又、先代モデルであるアルファードVやそれ以前の「グランビア」などと比較しても、遥かにアグレッシブで若々しいイメージとなりました。ボディサイズは、全長4,850mm×全幅1,830mm×全高1,890mm~1,905mmでアルファードと全く同一であり、車両重量も同一の1,850kg~2,100kgであるなど、ボディスペック面での相違はありませんでした。

トヨタ ヴェルファイア 3.5 Z  2008-15

トヨタ ヴェルファイア 3.5 Z 2008-15

アルファードVと比較すると、全高を除くボディサイズは若干拡大され、車両重量も重くなっていました。プラットフォームは2代目エスティマと共通のもので、ホイールベースはアルファードVよりも50mm長い2,950mmとなりました。サスペンション形式は、前マクファーソンストラット式/後トーションビーム式が踏襲されました。

ヴェルファイア CM

パワートレインもアルファードと同一で、発売当初は2.4L直4の2AZ-FE型(最高出力170ps/最大トルク22.8kgm)と、3.5L V6の2GR-FE型(最高出力280ps/最大トルク35.1kgm)の2種類のエンジンが用意され、トランスミッションは前者がCVT、後者が6速トルコン式ATと組み合わせられました。駆動方式もアルファード同様に、FFとフルタイム4WDが選択出来ました(2.4L車の4WDは同年8月に追加)。

アルファードと共に、ハイブリッド車と「G’s」を追加

2011年9月に、アルファードと共にマイナーチェンジを受け、内外装の変更や装備の充実が図られると同時に、アルファード同様にハイブリッドモデルが追加されました。ハイブリッドシステムは、エスティマに先行採用されていた「リダクション機構付THS-Ⅱ」で、2.4L直4の2AZ-FXE型エンジン(最高出力150ps/最大トルク19.4kgm)と前後2個の交流同期型モーターを備える電気式4WDという構成でした。

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド X  2008-15

トヨタ ヴェルファイア ハイブリッド X 2008-15

翌2012年11月には、これもアルファードと共に、トヨタ自身の手によるスポーツコンバージョンモデル「G’s」が追加されました。エンジンはノーマルタイプのガソリン2.4L及び3.5Lながら、ボディ剛性やブレーキを強化し、専用ローダウンサスペンションや専用エアロパーツなどを装着する事により、走行性能の向上が図られていました。

トヨタ ヴェルファイア Gs  2008-15

トヨタ ヴェルファイア Gs 2008-15

ヴェルファイアは、絶対的な販売台数こそアルファードに及ばなかったものの、単なる「ネッツ店向けのアルファード」という位置付けに留まらず、その個性的なエクステリアにより新たなユーザー層を開拓する事に成功し、独自のポジショニングを確保しました。

ヴェルファイアの購入を検討中なら、こちらもチェック!

ヴェルファイアの買取り・下取り査定相場を知りたいなら

車の買い替え前には、必ず一括査定で査定額を把握!

車の買い替えに焦りは禁物です。愛車の査定相場を把握せずに商談に入ると、安く提示された下取り額に対し判断が出来ず大きな損をする事に…。

まずはかんたん査定ガイドなど、ネットの一括査定サービスを利用しましょう。査定額の差は【65万円】となる事もあります。→そんなに違うの?買取り額の【差額事例集】

kantan_kuruma_kekka3

かんたん査定ガイドなら数項目の入力が完了すると、上の画像のようにすぐに相場がわかります。→愛車の買取り相場をすぐに見る 下取り査定を受ける前に、まずは愛車の買い取り相場を調べておきましょう。

btn_8190_600x100

新車ではなく未使用車という選択も

新車だと「予算が厳しい…」「納期が間に合わない」。そんな方には未使用車や低走行車もおススメ。ディーラーが営業ノルマの為に登録した未使用車や低走行の試乗車など、新車同様の車両が毎月たくさん出回ります。

なびくる+(プラス)は、お買い得な車両をネット申込みだけで探してくれるサービスです。「安く買いたいけど探す時間が…」という方におすすめです。

btn_8190_600x100

SPONSORED LINK

シェアする

いいね・フォローで最新記事が届きます

SPONSORED LINK